短編2
  • 表示切替
  • 使い方

だれ?

私が高校一年生ぐらいの時の話。

当時は兄と姉は地方の大学に行っていたので、私は父と母の三人で暮らしていました。

ちなみに私の家は寺です。

なので家はとても広く、さらに父と母は私が寝ている場所より非常に離れたところで寝ていました。

そんなある日、私は夜中ふと目を覚ましました。

いつも夜中に目を覚ますと携帯を開いて何時か確認していたので、その日も確認しました。

「二時半すぎかぁー、まだまだ寝れる!」と、喜んでいたら、私の部屋の前を小走りで走る音がしました。 

私の部屋の前にはリビングがあったので、一瞬お母さんが来たのかなと思いました。

ですが、みなさん。父と母の足音って、何となく分かりませんか?

その時は小走りだったからなのか、聞き覚えのない足音でした。

するとその足音は私の部屋の前で、ピタリと止まりました?

ん?

私は「お母さん!?」と少し大きめの声で言いました。

すると、

ドタドタドタドタドタドタドタドタ!!!!!!!!ときた道を今度は全力で走って戻って行きました。

私は寝ぼけてたせいなのか、確かにビックリしたのですがあまり恐怖感はなかったのです。

すると、今度は

ドタドタドタドタドタドタドタドタ!!!!!!!!と、私の部屋の方に走ってきてまた部屋の前で止まったかと思うと、今度はゆっくりきた道を歩いて戻って行きました。

気付いたら朝でした。

父と母に

「昨日俺の部屋の前走ってた?」

って聞くと、

「あんたが寝てるのに廊下を走るわけないでしょ?」

と母が言いました。

確かにそうだと鳥肌が立ちました。

父もお前は何を言ってるんだというふうに笑っていました。

ではあれは誰の足音だったのでしょうか?

後で母が言っていたことは、「お寺だからか知らないけど、こういう事はよくあるわよ。」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ