短編2
  • 表示切替
  • 使い方

え?

私は姉と二人で暮らしている。

一時期姉は、なぜかセルフッカトにはまっていて、

よく自分で髪を切っていた。

素っ裸で風呂にこもり、

最低2時間は出てこないので、私はたいへん迷惑していた。

なんでも自分で髪を切ると、

傷みが激しいらしく、洗髪2回にトリートメントパック2回は欠かせないとのこと。

仕上がりもビミョーだし、そもそもそんな手間をかける位なら

さっさと美容院行けばいいのに。

一体何気取りなんんだろうかと思っていた。

何より最もやっかいなのが、ヤツは切った髪を始末しないまま風呂から出て行くのだ。

排水口の上で黒々ととぐろを巻く髪の束を、

うんざりしながらゴミにだすこと数回。

しかも私の外出時にも

やらかしており、

そのまま出かけたりするので、

私は帰宅後プチドッキリをくらわされていた。

しかし、姉の人間性に疑問を感じつつ、たまに文句をいいつつも、

居候身分のため渋々処理をしていた。

そんな姉が一年前くらいから、自分で髪を切るのやめた。

実に喜ばしいことである。

それからしばらく経ったある日、

帰宅すると姉はまだ帰ってきておらず、

私は先にシャワーを浴びようと風呂場へ行った。

扉を開けて、見覚えのある風景に絶句した。

またしても、排水口の上で存在を主張する長い髪の毛の束。

あぁまた始まったか。

しかしいい加減、自分の髪位自分で捨てりゃあいいのに。

しかも、自分で散らかしたんだから。

ぶつぶつ文句を言いながら、片付け、シャワーを浴びた。

2時間後、姉が帰宅した。

「ただいま~」

「おぉ、おかえり」

テレビを見ながら、振り向かずに、返事をした。

ふと、感じる違和感。

?あれ?なにかおかしい気がする?

・・・・!!!

そういえば私も姉もここ一年はショートカットだわ・・・・・。

それじゃ、さっきのは・・・?

えっ?

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ