短編1
  • 表示切替
  • 使い方

図書室の男の子 2

『図書室の男の子』の続きです。

「その本、面白い?」

声が聞こえてきた後方を振り向くと、そこにいたのはひとりの男の子でした。当時の私は、その子を大人っぽいなと感じたので、多分小学六年生か中学生ぐらいの外見だったはずです。

私は彼の問いに、数分経っても答えられませんでした。男の子は私に一冊の本を勧めてきました。

童話だったかと思います。タイトルはどうしても思い出せません。

「それは面白いよ、読んでみて」

その男の子の言葉に、満足に返事もできないまま、私はその本を読み進めていきました。

やがて、下校時間を知らせる校内放送が聞こえてきて顔をあげると、その男の子はいなくなっていました。

帰ったのかな、とも思いましたが、廊下に続くドアは閉まっています。ドアを開ける音も、ましてや閉める音さえ、私には聞こえませんでした。

その日はそれでお終いでしたが、その日から毎日、私が放課後に図書室に行くと、男の子はいつの間にか私の後ろにいて、話しかけてきてくれました。

私は不思議なその男の子を気味悪がることなく、寧ろ図書室に行ける放課後を待ち遠しく思っていました。

続きます

怖い話投稿:ホラーテラー ホラー魂さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
11300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ