短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ふすまの向こう

これは、わたしの友達から聞いた話です。

ある、小学生の女の子が留守番をしていたそうです。その日は、両親二人とも帰るのが遅く、夜中まで女の子一人っきりでした。夕飯を食べ終わり、うとうとしていたその時でした・・・!!ふすまから睨まれているような視線を感じるのです。恐る恐る女の子はふすまに向かって問いました。

「そこに誰かいるの?」

「・・・」

返事はありません。

「・・・誰かいるなら一回、ふすまをノックして!!」

・・・トン。

女の子は怖くてたまりませんでしたか好奇心をとめることができず、また問いました。

「あなたは、男?それとも女?男なら一回。女なら二回、ふすまをノックして!」

・・・トントン

女の子は怖いと思いながら恐ろしい問いをしてしまいました。

「あなたは何人いるの!?いる人数分ノックして!!」

その時でした。

どん!どん!どん!どん!どん!

・・・そのあと女の子は気絶してしまい、何度ふすまを叩かれたのかわかりません・・。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ