心霊スポットツアー【完結】

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

心霊スポットツアー【完結】

いよいよ心霊スポットツアー【完結】です。

④以降、長らく待たせてしまった事申し訳ありませんでした。

また応援や励ましの言葉を下さった方々、どうもありがとうございました。

では、心霊スポットツアー【完結】を始めます。

私「T子は!?無事なんですか!?」

お坊さんを責めるように聞きました。

坊「安心せい。あの娘さんの命だけは助ける事が出来た。」

命だけ?その言い方に少し引っ掛かりました。

お坊さんは続けます。

「今は体力を消耗したから部屋で寝ておる。起きるまで休ませてやりなさい。お主らも疲れたじゃろ?付いて来なさい。」

言われるがまま、私達5人は本堂から出て、玉砂利を歩き、家みたいな所の台所に付いて行きました。

坊「まぁ座りなさい。」

そう言って、お坊さんは自ら食事を作ってくれる様でした。

そしてお粥と漬物と味噌汁を振る舞ってくれました。

私達はただ黙って食事を頂きました。

食事が済むと、寝床まで用意してくれた様で、5人は川の字で眠りにつきました。

私が目を覚ますと、他のメンバーは既に起きていました。

しかしT子はまだ目覚めていない様でした。

M男「A男とH子は、T子がこうなった理由を見たと思うけど、IとY子は先頭だったから見てないよな?一応説明するわ。」と、語り出しました。

M男が言うには、△△ホテルで私とY子が階段を駆け上がり、女の霊をすり抜け逃げた後、M男とT子も逃げようと女の横をすり抜けようとした瞬間に、女がT子に覆いかぶさった事。

それを助けている間にA男とH子を逃がした事を聞きました。

それで私とY子はT子が卒倒し、髪もあの女と同じ様に伸びたわけを理解しました。

それから1時間程してT子が起きてきました。

私達の心配とはよそに意外にもT子はケロッとしていて、今回の事を一切覚えていない様でした。

ただ、T子の髪は伸びたままで、私達が興味本位でしてしまった事の重大さを物語っていました。

お坊さんに丁重に御礼をし、私達はM男に送ってもらい各々が帰路に着きました。

2日後、私はT子を除く4人に連絡を入れ、お坊さんにもう一度挨拶に行く事になりました。

そこでお坊さんは、こんな事を聞かせてくれました。

「あの娘さんに憑いた女は、妊娠中に殺され、我が子に会えぬまま死んだ悲しい霊じゃよ。なぜあのホテルにいたかは解らないが、我が子を産みたいと言う執念と殺された怨念は強く、子供が産めそうだったあの娘に憑いた。他の2人の女の子ではなくあの娘だったのは、あの娘の母親としての資質(慈悲深さや大切な者を守る強さ)と波長があった事が理由だろう」

と。

加えて、「あの娘さんには申し訳ないが、今回の件で恐らくもう子供が産めない体になっただろう。」

と、聞かせてくれました。

それから私達はT子と疎遠になってしまいましたが、、こんな噂を聞いていました。

原因はわからないが精神の病気になり、入院していると。

あの件が原因でない事を切に願っていましたが、先月にこういう話を別の友人から聞きました。

T子は、精神病で長い間、入院していたが退院し結婚して幸せにくらしていると。まだ子供がいるかまではわからないみたいでした。

他のメンバーですが、M男はF子と女性と結婚しましたが、すぐに離婚しました。奥さんは結婚生活2年で4度流産したようです。あの日の事との因果関係はわかりませんが。

A男は今、バーテンとして働いていますが、あの日から何故か視力と聴力が著しく悪くなったと言っています。

H子はブライダル系の仕事をしていますが、あの日以来、「見える」体質になったとぼやいていました。

Y子は雑誌のモデルになりましたが、なかなか厳しい世界のようです。この6年で8回事故を起こしたようですが、怪我はいずれもひどくなく、こちらも因果関係はわかりません。

そして私はあの日から特に何もなく、元気で過ごしています。

この先も何もなければと思っています。

怖い話投稿:ホラーテラー 現役探偵さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ