短編2
  • 表示切替
  • 使い方

京都にて・・・

これは先日、友達から聞いた話です。

ある日、お笑い芸人の大御所、桂 〇〇さんが、京都で仕事をしていたころの話です。〇〇さんは仕事の帰りでスナックで同期と飲んでいました。次の日は、仕事が休みなので、〇〇さんは気持ちよく飲んでいました。そこのスナックのお姉さんは、とても喋りやすく〇〇さんと同期はすっかり意気投合していました。

スナックのお姉さんは、ニコニコしながら言いました。

「ねぇ、今日私の家に 泊まりにこない?」

〇〇さんもその同期も次の日は、仕事がなかったので、

「はい!喜んで!」

と言って泊まりに行ったそうです。二人は、酒で酔っていたので、その日は、すぐに寝てしまいました。〇〇さんと同期は、次の日ご機嫌で帰りました。

それから、二週間後、〇〇さんの元にお姉さんから電話が掛かってきました。

「今、仕事で大阪いるの。寂しいら、来てくれないかしら?もちろん、あの同期さんも連れてきて。」

と言われましたが、その日は一日中しごとだったので、断りました。

その日から、お姉さんからの電話はなく、二ヶ月が過ぎました。〇〇さんが楽屋にいると、警察が入ってきて、

「〇〇さん、この人知りませんかね。」

と言ってお姉さんの写真をつき出しました。

「知ってます、知ってます。スナックのお姉さんですよね?・・・

最近、連絡とってないんですけど、何かあったんですか?」

と聞くと、

「いやーね、その女性お客さんから、お金を借りてて、返せなくなって、そのお客さんを、殺してしまったんですよ。」

と、警察の人は言いました。〇〇さんは、混乱して、

「えっ?ちょっと待ってください、いつ殺したんですか?」

と聞くと、〇〇さんが、泊まりに行った日だそうです。

しかも、お客さんの死体を〇〇さんが、寝た部屋の押し入れの屋根裏に隠していたそうです・・・・

怖い話投稿:ホラーテラー 小次郎さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ