短編2
  • 表示切替
  • 使い方

初投稿です。

私のお母さんはね、鏡が大好きなんだ。

いっつもお母さんは鏡ばっかり見ててさ。

なんだかそれが嫌いだから、私は鏡を見ないように気をつけるようにした。

でも、時々視界に入っちゃうんだ。

遊んでるときにチラッと目に入った鏡には、私を狙う黒い影がいた。

ずっと見てたらでてくる気がしたから、見ないようにしてね

『なんでここに鏡あるのかなぁ』

なんて呟くんだ。

だんだんね、影は大きくなって私を狙ってたの。

私はもういやになって、お兄ちゃんのバットで鏡を割ったよ。

ちょっと血がでちゃった。

そしたらお母さんが

『何してるの!?』

なんて言いながら慌ててるから、気づいてないならお母さんにはあの影を見せちゃいけないなって。

お母さんは鏡を直す気だったから、私はまた割るんだ。

お母さんのためだもん。

血なんて怖くないよ。

しばらくしてから、鏡が帰ってきたの。

私はね、やっぱり鏡を割るつもりだよ。

鏡の中には何か、黒い影がいるもん。

私なんか全然相手しないで鏡を見てるから、あの影にとりつかれちゃったのかな?

次はお母さんがいっつも使う包丁で鏡を割るつもりだよ。

待っててねお母さん…

――…

今日未明、○○市で双子の姉が、妹を包丁で刺殺する事件がありました。

加害者である姉は、過去にも妹をバットで殴打した事があり、精神になんらかの障害を持つものとして、過去と今回の事件の動機などについて捜査中です。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ