短編1
  • 表示切替
  • 使い方

真っ黒毛

斎場が見える、かなり古いアパートで一人暮らしをしていた時のこと。

ふとんで寝ていたら、口の中に髪の毛が入った感触で目が覚めた。何気なく髪の毛を引っ張りだし、寝返りをうちながらポイと捨てた。

と…目の前の畳の上に、ソフトボールくらいの黒い塊がフルフルしながら佇んでいた…。

寝返りをうったままの態勢で凝視していると、サササア~とカーテンを登りそのままカーテン裏に消えた…。

「ヒョー!」

わたくし、固まること10秒…。

速攻、部屋の電気をつけてカーテンを開けたが、何もなし。

絶対夢じゃない確信と、アレは入ろうとしたのか?出てきたのか?という疑問で かなり怖かった。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ