短編1
  • 表示切替
  • 使い方

右手っちゃん

片道2時間かかる夜間専門学校に通っていた頃の話。

通学とバイト、たまに入る臨時夜勤バイトで慢性的にお疲れモードだった私。

ある夜勤明けの日、疲労度MAXになった私は、居間の畳に倒れ込むように寝転んで、大の字になった。

頭がボーとする感覚。瞼も、指一本さえ動かない。…動けない。

暫くそうしていると、なんだか気配を感じた。

「うん…?」

肩、腕、胸、背中…。優しく男の右手が 触っている。

決して、揉む!でも 撫でる!でもない、ソフトなタッチ。

しかも、右前腕しか気配を感じない。

怖いと いうより…

「…気持ちいい…。」暫くウットリ。

と、ズッ、ズズズ…!

「ヌオッ!?」

依然、身体は動かせない。が、足許に引っ張られている!

…ズズ、ズッ。

ヤバい。マジヤバい。

「ヌオ~!」

ガバリと無理やり、上体を起こした。

…何もない。

…欲求不満女の希望的妄想?

が、家具の配置から考えて確実に 15センチは足許に移動していた。

…ビビったよ。右手っちゃん。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ