短編1
  • 表示切替
  • 使い方

看護学校の教室で

看護学生だった頃の話。

当時、30人弱のクラスで授業を受けていた。授業中、私語は許されない。休憩時間に、一人の級友が泣き出した。

「亡くなったA君が、ずっと教室の後ろの席に座ってた…。」

3人の学生が、A君の存在に気がついていた。

地域の中核病院に併設されているうちの看護学校は、実習の際、歩いてすぐの病院でお世話になる。

容姿も性格もいい高校生のA君は、実習生の人気者だった。キツい実習の中で、患者さんではあるけど、弟もしくは友達みたいに。

友達も、男女問わず多いと聞いていた。

大好きな学校に行けず、長期入院していたA君が、

「あいつら、ちゃんと勉強しとんかい。」

まだまだ頼りない、看護師卵の授業参観に、ふらりと立ち寄ったのかもしれない。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ