短編2
  • 表示切替
  • 使い方

聖人ハルク

初めて投稿します。正直全然怖くないと思いますが、読んで頂けたら嬉しいです

3年くらい前に、私は『アンフェア・ザ・ムービー』を映画館に見に行きました当時から篠○涼子の大ファンだった私は映画館のスクリーンに釘付けだったのを覚えています。

映画が終わって帰宅し、

食事をして入浴してその日は寝ました。そして変な夢を見ました。

夢の中で私は、自宅の近くの公園のベンチでボケーっとしています。すると、私の前方からジェイソンのマスクを付けた人が斧を振り上げて私の方へと向かってきます。私は『こいつはヤバイ!!殺される。』と思い、必死で走って逃げます。走りながら後ろを振り向くと、ジェイソンは二人に増え、次に振り向いたら5人に増えてました。益々怖くなった私は近くに警察署を見つけます。『こんな場所に警察なかったよな。』と思いながらも、後ろに迫るジェイソン五人から逃れるべく、警察に駆け込みました。

すると、待ってましたとばかりに、昼間見た『アンフェア・ザ・ムービー』に出演していた面々が私の前にズラリと並んで勢揃い。

周りには制服警官が拳銃を私に向けて構えています。真ん中には篠○涼子が映画の中の格好のままで立っていました。『助けて下さい!』と言い掛けたその時、私は篠○涼子に飛び蹴りを食らい、その場にいた全員に押さえ付けられました。

『犯人確保!!』と誰かが叫んだと同時に篠○涼子が私に逮捕状を示し、

『○○○○、(全く聞いたことない名前)殺人教唆、及び死体遺棄の疑いで逮捕する。』と手錠を掛けられました。と同時に夢から覚めました。

目覚めると朝方の五時で、全身にはびっしょり汗をかいていました。一体あの夢はなんだったのか?何かの暗示なのか?ジェイソンと篠○涼子は何故夢の中に出てきたのか?色々と考えてしまいました。

それから暫らく、テレビで篠○涼子をまともに見られませんでした。

長文、駄文失礼しました。しかし、私にとっては、とても怖い夢でした。

怖い話投稿:ホラーテラー 追われて、確保されて。さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ