短編2
  • 表示切替
  • 使い方

僕じゃない

今夜お話させていただくのは私の姉(四歳違い)の話です

私がまだ小学校低学年だった頃

当時から姉には頭が上がらず、いつも怒鳴られていましたが

その日の朝はいつもと様子が違かったんです。

日曜の朝

私はアニメが見たくていつもより早起きでリビングでテレビを見ていました

すると、後から起きて来た姉が私を見つけるなり

「テメぇ人が寝てんのにジロジロ見てんぢゃねぇよッッッッ!!!!!!!」とイキナリどつかれたのです

もちろん私に身に覚えは全く無く、

何より朝っぱらから大激怒する姉にガクガクブルブル。

会話になんてなりませんでした

姉の怒鳴り声を聞いたのか、父が起きてきて

「何怒ってんだ?」と聞かれ

やっと姉が何があったか話し始めました

姉「夜寝てたらさっ

誰かが足元からずっと私の事見てきたんだよ

だから「うぜぇから早く寝ろ」って言って(この時は私だと思ったらしい)横向いたらまだ誰かが見てんのっ

だから超頭来て壁側の方向いて寝ようとしたらまた誰か見てたんだよ!!

絶対ケンジ(私の名前)が見てたんだよ!!!!」

との事

しかし

理由を話して少し沈黙。

姉と私と父は凍りつきました

まず一つ、

私には姉を挑発する程の根性は無いッッッッ

二つ、

私は姉と同じ部屋の二段ベッドの上で寝てましたが

父、母、兄はそれぞれ自分の部屋で寝ているのでわざわざ夜中部屋に来たりしない

三つ、

壁とベッドの間には

人が入れるスペースなんて

無い。

クダラナイ話を読んで頂きありがとうございます。

それと、

『チリンチリン』にコメントくださった皆さん、様々なコメント嬉しかったです

またコメント頂ければ

そのうち顔出しますので。

でゎでゎ。

怖い話投稿:ホラーテラー トロゴリさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ