短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ホテル

六年前ぐらいの時に、親父と一緒に旅行に行ったときです

ホテルを予約して、自分の番号の部屋に入った

(103号室)

親父と俺は、町に出て、遊びまくったせいか、疲れてそのまま眠ってしまったらしい

その時は冬で、布団もかけないで眠ってしまったから寒くなって目が覚めました

でも、これは寒すぎだときずきました

起き上がろうとしたら、おもうように身体が動かなかったのです

側に、時計があったので時計を見てみると、夜中の三時頃でした

余計怖くなりましたよ

怖くて足も動けずにいましたし・・・・・

ずっと、動かずにいた時間は一時間半ぐらいはいったかなと思います

その内、黙っていると、なんだか背中の重みがなくなってきて、やっと動けるようになりました

行ったかな?

とおもい、立ち上がり後ろをみてみると、そこには五十代後半の人が笑って立っていてちょー怖かったです

朝に、親父に話しを為てみました

親父の口から出た言葉は

「ばっかもん」

と言われ、殴られました

霊より親父のほうが意味がわからなかったです

初めて書くので、注意をしてくれる方は嬉しいのですが、自分が言われて嫌な言い方は書かないで下さい

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2000
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ