短編1
  • 表示切替
  • 使い方

自己責任で、(四)

 あの時、神主さんは私の伸ばしていた後ろ毛を鋏で切ったのです。何かのまじない程度に思っていましたが、まじないどころではありませんでした。帰るその足で床屋に行き、丸坊主にして貰いました。えーと、もう少し続きます。読むのが辛い人は、トイレにでも行って毒気を抜いて下さい。

 大分、違うと思います。

 *自己責任で読んで下さい。

 卒業して家業を継ぐと言う話は、その時から諦めなければいけませんでした。その後、私達はバラバラの県で進路につき、『絶対に顔を合わせない様にしよう』もし会っても、他人の振りをする事にしなければなりませんでした。

 私は一年遅れて隣県の高校に入り、過去を忘れて自分の生活に没頭しました。髪は短く刈りました。

 しかし、床屋で坊主を頼む度、私は神主さんの話を思い出していました。『今日来るか、明日来るか』そう、不安に思いながら、長い三年が過ぎました。その後、更に浪人して、他県の大学に入る事が出来ました。

 しかし、少し気を許して盆に帰省したのがいけませんでした。元々、私はおじいちゃん子で、祖父はその年の正月に亡くなっていました。急な話だったのですが、『せめて初盆くらいは帰ってこんか、』と、電話で両親も言っていました。

 それが、いけなかったのです。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ