短編2
  • 表示切替
  • 使い方

メリーさん

わたしメリーさん、今あなたの後ろにいるの・・

たい焼き食べない?べ、別に変な意味は無いわよ!?あなたはもうすぐ私に殺されるんだから

哀れに思っただけよ!

えっ、この近所にたい焼きは売ってない?

冷凍よ冷凍!海で偶然たい焼きを見つけて深海まで追って捕まえたなんてことしてないんだから!さ、さぁ早く食べてしまいなさいよ!

そんな目で見つめたってんっ、許さないんだから!

『私、メリーさん。今、一階のロビーにいるの…』

『私、メリーさん。今、二階の踊り場にいるの…』

『私、メリーさん。今、三階の踊り場にいるの…フフフ…』

 ………

『わ、私…メリー、ハァ…さん。今、87階の、踊り場にいるの…ハァハァ』

律儀に階段を上り、それを一々報告しなければいけないというのも、妖怪ゆえの悲しい性(さが)だ。

『わ、あ、あたし、メリー…さんっ。ハァ、今は…88階にィッ…る、の』

私が今座っている場所は、上海に建つ超々高層ビルディングの147階居住フロアである。

あと60階近くも残っているのにへたばっている様では、100を前に倒れこむだろう。

『や、あ、たし、メリーさ…んぅっ!い、いあ…89…ちょっと、うう!やあ、おしっ…もうだめぇ、出して、ここ開けてぇ! も、もれ、あ…いあああああ!あ、あ、だめぇ! 切って、今すぐ電話切ってぇ! 聞かない…でぇぇっ…』

何だ、やけに息切れしていると思ったらそういうことだったのか。妖怪にも「そんなこと」があるとは初耳だ。

50階から126階まではオフィスフロアがひしめき、非常階段のドアはセキュリティ上の都合で非常時以外は開かないようになっている。駆け下りるにも駆け上がるにも行かず、さぞや苦悶したことだろう。

しかし、不本意な形ながら障害を排除し、恥辱に燃えるメリーさんが残りの階段を駆け上がってこないとも限らない。

そうなる前に、私は屋上のヘリポートへ向かうことにした。

怖い話投稿:ホラーテラー 852さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
23900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ