短編1
  • 表示切替
  • 使い方

最後の別れ

初めての投稿ですので、

読みづらい点もあると思いますが、お許しください。

これは私が小学校5年生の冬のことです。

大好きな祖母が病気で亡くなり

葬儀などが一段落し、

私は遺品の整理を手伝っていました。

仏間にあったタンスを

整理していたときに、

ふと何かの気配がしたので

母か誰かだろうと思い

振り返ったのですが

そこには誰の姿もありませんでした。

気のせいだと思い、

作業を再会しようと

タンスの方へ向き直るときに

仏壇の蝋燭の火が

消えていることに気づき、

火をつけようと仏壇に近づきました。

ライターに手を伸ばしたその時です。

背後にあった小さな棚に

乗っていたものが

何故かドサッと音を立て

落ちたのです。

驚いて振り向くと

私の前を【目に見えない何か】が

通ったのがわかりました。

その瞬間、大好きな祖母の匂いが

ふわっと香りました。

きっと祖母が最後の別れを

言いにきたのだと思います。

最後までお付き合い頂き

ありがとうございました。

怖い話投稿:ホラーテラー 妖精さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ