中編4
  • 表示切替
  • 使い方

ばかの集まり

人生で一番怖かった体験を書きます。

初投稿で駄文すいません↓

長めですが楽しんでもらえると思います♪

3年前17歳の夏休み。

いつものように地元仲間とMの家で、私を含め5人で宅飲みしてた。

私以外は全員男。

普段はその男たちの彼女がいたりするが、この日はいなかった。

深夜0時を過ぎみんな酔い始め、一人が「久しぶりに心スポ行こう!」と言い出した。

全員霊感とかはないが、怖い話などが好きだった。

私は異様に怖がりで心スポなんて死んでも行きたくないし、酔って眠いから勝手に行けと言い、ごろごろしていたが、男たちに担がれ、強制連行された。

その心スポというのは、歩いていける地元では有名な廃社宅。

かなり古い建物で、10年ほど前から誰も住んでいないが、何故か取り壊されずに残っていた。

別に何が出るとゆう噂があるわけでもなく、ただ目の前に大きな池があり柳の木が生い茂ってて、雰囲気が怖いって感じのとこ。

5分ほど引きずられながら到着。

昼間は人通りもありよく通るとこだが、夜のそこは半端じゃなく怖かった。

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

|〇〇  〇〇|

|〇〇   〇〇|

|〇〇   〇〇|

|〇〇   〇〇|

|〇〇 # 〇〇|

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

外見はこんなで、#のとこから階段が上に伸びていた。〇は窓。

#には大きなベニヤ板が打ってあり、入れなくなってたが軽々壊して、侵入。

私はガクガクでみんなに着いていった。

一階二階にも行けたが、先頭がなんとなく三階に行くのでそれに続く。

| ̄= ̄= ̄= ̄= ̄#

|〇_〇_〇_〇

中の廊下はこんなんで、=がそれぞれの玄関のドアで、〇が最初の絵の窓。#が登ってきた階段。

まさに校舎のような造り。

またも先頭がしばらく廊下を進み、なんとなく#側から4軒目のドアを引く。普通に開く。中に入る。

真っ暗なので、みんな携帯の明かりを使っていた。

中は綺麗な感じで、備え付けの家具には、白い布が被さっている。

ここで一人が、洗濯機か何かがあったであろう、水道の蛇口が根こそぎもがれ、壁にぽっかり穴が空いているのを発見。

そこからはかすかに細く、水が垂れて真っ直ぐ下につたっている。

恐らく何年もこの状態なんだろう。

水がつたっている部分は、軽くくぼんで藻が生えていた。

みんなで集まり、きもーいなどと言っていると、一人が気付く。

「でもおかしくね?何で途中で綺麗に途切れてんだ?普通このままだと下までいってびしょびしょじゃん?」

確かにそれは途中でぱったり途切れ、妙なことになっている。

それでもばかな私達は、蒸発だべ!とかわけのわからんことを言い流した。

と、そのとき池側(玄関と逆側)の窓の外からお巡りの乗るcubの音がする。

みんな!となり、携帯を閉じて明かりをなくす。外を見るとやはりいる。cubを社宅の下に停め、懐中電灯をちらつかせてる一人のお巡りさんが。

どうやらこっちには気付いてない様子。

誰かに通報でもされたかなーなどとこそこそ話しながら、とりあえず玄関の鍵を閉め、みんなで玄関のドアに張り付いてしゃがみ込み、耳を澄ます。

カツンカツンと、階段を上がってくる音。

相手は警察。

まあばれたらばれただ、とみんなにやにやスリルを楽しんでいる。

ところが、その足音は一定のリズムのままどんどん近付いてくる。

そして廊下にさしかかったようでさらに近付く。

え?すでにばれてる?と思っていると、迷うことなく足音は自分たちのいる部屋の前で止まった!

と同時に尋常じゃないスピードでドアノブをがちゃがちゃがちゃーっ!!と回す!

目の前にあるドアノブは、今にも落っこちそうな感じで動き続ける。

その速さといったら普通でなく、むしろ早く動きすぎて、もはやゆっくりに見えちゃうぐらい!

みんなもう呆然。

そんな状態が1分ほど続くと、ぱたっとドアノブが止まった。

と思ったら下でcubが動き出す音が。

窓から外を見に行くと、cubに乗って去っていくお巡りさん。

みんな一斉にえーーーっ(゜Д゜;≡;゜Д゜)

ワープ?つか何あのドアノブの動き!絶対手首おかしいっしょ!でも見た目完全人間!でも一言もしゃべんなかった!何よりワープした!どっちのやつだよ?!などと大騒ぎ!

とりあえず帰んべ!となりMの家へ。

みんな興奮冷めあがらぬまま大はしゃぎ。

とそこで私は今いた内の一人のYがいないことに気付いた。

Yは?と聞くと、A(Yの彼女)がもうびびってやばいから一緒にYん家そのまま帰ったよ。

私は正直その時が一番怖かった。

ずっとMん家で飲んでるときから社宅を逃げ出すまで一緒にいたAに気づかなかったのだ。

つまり6人いたと。

私が酔っていたのか(そんなつもりはない)ただの鈍化なのか、それともAの存在感がなさすぎるのかそれとも…

今でもみんな仲良く相変わらずばかをやっている。(二十歳だけど)

もちろんAとも普通に。

でもこのときのことは言えずにいる。

最後まで長いけどありがとうございました!

怖い話投稿:ホラーテラー 紅良さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
25800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ