短編1
  • 表示切替
  • 使い方

観客?

就職してから初めての新年会、僕は唯一の新入社員として一発芸をすることを命じられた。

悩んだ末に、手品をすることに決めた。

結構本格的なトランプの手品を購入し、練習に明け暮れた。かなり難しく、新年会の直前になってようやく形になった。

新年会の前日の夜、最後の練習をしていた時のこと。繰り返し手品をしていたら、目の前で声が聞こえた気がした。

部屋には僕一人しかいない。もう一度手品をしてみる。

「おおっ!」

やはり聞こえた。男性の声で目の前の何もないところから。

さらにもう一度手品をする。

「おおっ!」

ちょっと怖くなった僕は、寝ることにした。トランプを片付けていると、

『ぱきっ、ぱきぱきっ、ぱきっ』

ラップ音が数回鳴った。布団に包まりびくびくしていたが、その後は何も起こらなかった。

もしかしてさっきのラップ音、拍手のつもりですか??

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
11200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ