短編2
  • 表示切替
  • 使い方

超怖い夢の話 1/2

つまんないけど

超怖かった夢の話

三階建てくらいのアパートに友達と俺の二人でその屋上に居たの

なぜか屋上には電車があって

ソレを二人で磨いてたんだ

奥の方に生気の無い目ぇした車掌がずっと見てたのを覚えてる

その後三階から一階までの汚れを拭く事になった

この時点で不気味だって気づいてた

友達とずっと汚れ拭いていたら

階段の陰に不気味で5才くらいの男の子が見えちゃったんだ

怖かったけど気にも止めず作業を続けてたら違う場所からその男の子が走ってきた

でもさっきとは違う雰囲気でニコニコしながら

「縄跳びしよっ!!」

って言ってきた

友達はまだこの異様な雰囲気に気づいてない様子で

縄跳びで遊び始めた

俺は結局一人で掃除を続けてた

すると廊下のずっと奥の

階段が一番近い部屋のインターホンに落書きがしてあった

黒いインターホンに白い文字で「呪」と沢山書いてあった

それを消そうと一生懸命拭いていたら

勢いづいてつい

「ピンポーンっ」とボタンを押してしまった

異様な雰囲気と消えかかってた「呪」の文字

部屋の中から聞こえる不気味な風の音

それが怖くて階段をダッシュで駆け降りて下の階(2階)の友達と逃げようとした

やはり

友達も気づいたらしい

この異様な雰囲気

あの子供が急に消えてしまったそうだ

手に持った縄をどうするか迷っていたら

例の階から子供の声が聞こえた

無邪気な声で「こっちの方まで縄跳び持ってきて!」と

上の階へは行きたくなかった

でも二人なら大丈夫と手を引いて上へ連れてかれた

失礼ですが続きます

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
11700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ