短編1
  • 表示切替
  • 使い方

永遠の愛の行く先

今日は特別な日だ。

俺は妻と息子の為に自分が

しっかりしないとと言う気持ちで

いっぱいだった。

妻は息子の用意をしていた。

「ちょっと、拓也!!ばたばたしないの!!紐がほどけちゃうでしょ!!」

息子はいやだいやだとだだをこね

泣きわめく。

息子の用意が終わったところで

念入りに化粧をする妻。

なんだかいつもよりとても綺麗だ。

そして俺にこう言う。

妻「ふふ、いきなりいったらお父さんびっくりするかもね」

俺「ぁあ、でも拓也も連れて行くし喜ぶだろうな」

妻「そうね………。」

妻「ねぇ、あなた愛してるわぁ。」

俺「あぁ俺も愛してるよ」

俺たちは軽いキスをして

そして俺は足下の台を蹴った。

意味が分からなかったりしてたら

すいません。誤字脱字ご了承ください。

怖い話投稿:ホラーテラー ぽっちゃまさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ