短編1
  • 表示切替
  • 使い方

何階?

これは、私の母が、中学生のときに経験した話。

その日の夜も、特別変な感じなど特になかったという。

宿題をやり終え、布団のなかに入った母は、あっという間に夢の世界へと旅立ったそうだ。

そして真夜中、母はぼそぼそと誰かの喋る声を聞いて目を覚ました。

母の部屋は居間のちょうど隣にあり、ふすまで仕切られていたという。

その隙間から、淡い光が漏れているのだ。

喋り声はそこから聞こえていた。

母は、「お母さんとお父さんかな?」と思っていたらしく、別段怖いとは思わなかったらしいが、そのときふと誰かの視線を感じたのだという。

見ると、窓から幼い幼稚園通くらい女の子が覗いていたのだ。

母は寝ぼけており、ただその子が何の気なしに部屋を覗いたものと考えたらしい。

しかし、次の瞬間、ある事実に気づいて母は震え上がった。

そう・・・母の部屋は2階にあった。

恐ろしくなった母は、大声で、居間に居る両親を呼んだ。

「お父さん!お母さん!」

そして母がふすまを開けた瞬間、居間の電気がパチパチっと消え、ばたんと玄関のドアが閉まる音がしたという。

次の日、両親に聞いてもそんな事はなかったといわれた母は、その日から両親と一緒にしばらく寝る事になったらしい。

窓に居た女の子と、なぞの喋り声はなんだったのか・・・。

いまだ分からずじまいである。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ