短編1
  • 表示切替
  • 使い方

生き霊12

「では、みなきさんの鍵を手にしてくれていた貢献度は次の〇〇君候補では?」そう言いながら久しぶりに二人で笑いあいました。

鍵だけが何故川にあったかは未だに謎でわかりません。

信徒の知り合いの方は無事助かりました。

鬼太郎は迎えの車で三人を連れてお寺へ帰り、私は友希乃さん一家にお礼を言ってみなきと帰ります。

私は翌日みなきを連れて出所した父親との約束を果たし、みなきに別れを告げてそのまま次の転勤先へ向かい、鬼太郎は海外へ布教活動の為に旅立ちました。

読んでいただいた方ありがとうございました。

怖い話投稿:ホラーテラー シルキーデイさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1870
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ