短編1
  • 表示切替
  • 使い方

カンカンが…。

この間友達や弟達と10人位で、地元にある出るで有名な公園に肝試しに行った時の事です。

10人が輪になり一人ずつ怖い話をしていきました。

最後の話が終わり『何も起こらなかったね~』とみんなで話て立ち上がる時、弟が飲みきったコーヒーのカンカンを坂道に向かって投げました。(本当はゴミ箱が正解)

その時…カンカンがコロコロと音を立てて転がって行きました…

坂道の上に向かって…。

『え?』皆同様にカンカンを見つめました。

カンカンって坂道なら下に転がって行くはずなのに何故上に?

誰かが『ひっ!』と小さく声を出したのをきっかけに皆で車に乗り込み、町まで逃げました。

その逃げた場所で皆で話合ったんですが、皆カンカンが上がって行くのを見たらしいです。

後日昼間に坂道を調べに行ったけど、やっぱり坂道は私達が思った通りの坂道で間違い無かったです。

もう夜中に肝試しはしたく無くなりました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ