短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ついてきた?

初めて投稿します。文章が下手で、怖くない割に長いのですがお付き合いください(^_^A

私は県境近くに住んでおり、その日は家族で隣県にご飯を食べに行った帰りでした。時間は夜の10時頃だったと思います。

途中の道はトンネルが多く、道も狭い上に運送トラックがものすごいスピードで走っているのでよく事故が起きます。また、このあたりは昔から土砂災害が多く、トンネルの工事等でも多くの方が亡くなっています。

そんな場所ですから「何か」がいてもおかしくないとは思っていました。但し、私は霊感というものがないので「いても見えないし」と、大して気にすることもありませんでした。

運転手の私以外は全員お酒を飲んでおり、車の中は賑わっていました。

特に父はトンネルを通る度に、あるトンネルで起こった事故について語っていました。

その事故とは、トンネルとトンネルの間にある十字路でトラック同士がぶつかり、爆発、炎上、全員死亡という悲惨なもので、片方のトラックには妻と子供を乗せた3人家族が乗っていたそうです。

不思議なことに、発見までにかなり時間が経っており、事故の原因はわからずじまい。田舎ですが、何時間も車1台通らないような道ではありません。

「怖いから止めてよ」と、皆に批判されながらも、例のトンネルに近付くと父は「ここだここだ!入るぞ!」

トンネルに入ると車内は一瞬静かになりましたが、再び賑やかさを取り戻しました。

私と弟を除いて。

見てしまったんです。

男とも女ともわからない、髪がボサボサの人が、逆さまで天井に張りついているのを。

帰宅してから弟も見たことを知りました。

同じく髪がボサボサの逆さまの人。弟は女性だと言っていました。

そして、これを聞いた瞬間、また鳥肌が立ちました。

私「入り口にいたよね?入ってすぐのとこ」

弟「いや、俺は真ん中辺りで見た」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
10700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ