中編2
  • 表示切替
  • 使い方

開聞トンネル

たまには私自身の体験談を書くことにしました。

つまらないかもしれませんが、どうぞ。

私が大学生だった頃、友人数名と毎年お盆前に肝試しに行くのが お決まりになっていた。

鹿児島でメジャーな心霊スポットの一つに開聞トンネルがある。

その時は、逆にメジャーすぎて行ったことのなかった そのトンネルに行ってみようということになった。

メンバーとしては男三人と私と私の友人の五人。

ちなみにこの五人にはまったく霊感はない。

鹿児島市ないから二時間ほどかかるのだが、その間稲川淳二のDVDを見たりしながら 賑やかにむかっていた。

午前2時過ぎにトンネルに到着。

ゴルフ場のそばにひっそりと真っ黒い口をあけていた。

特に霊感のない私たちは、一度車でなかを通り抜けることにした。

なんとなくお決まりな感じで 中でライトを切ってみたり クラクションを鳴らしてみたりするも 何も起きず そのまま反対側へ。

そのさきは山の中に続くような道だったために 土地勘のない私たちは引き返すことにしました。

でもせっかくなので 懐中電灯を持って 中を歩いてみようと男の子たちが言い出したので 歩くことになりました。

その当時私はそのメンバーの中の一人に恋をしていたので きゃーきゃー言いながら寄り添うように歩いていました。

ちょうど中程まで来たとき、前から別のグループが歩いてきました。

お互いかなりびびりましたが 人間だとわかって 笑いあいながらすれ違いました。

特に何もないままトンネルを抜け、雰囲気を満喫できた私たちは帰ることにしました。

コンビニによったり 車内で話をしたりしながら帰っていると、前方で人だかりができている所がありました。

なんだろうと思い ちょっとよってみることにしました。

ところが 樹の影で一瞬見えなくなった間に 人だかりは忽然と消えていました。

怖かったのですが近くまで行くと 車がガードレールに突き刺さっていました。

中には先程であったグループが乗っていました。

幸いたいした怪我はなく 救急車とJAFを手配して 一緒に待つことにしました。

どうして事故を起こしたのか聞くと、突然誰かが飛び出して来たので、避けようとして事故になったとのことでした。

私は気になったので、他の野次馬の人たちはどうなったのか聞きました。

すると その人たちは真っ青になりながら そんなひと達は見ていないとのことでした。

よく考えると、こんな田舎で午前3時半過ぎに、あんなにたくさんの人が集まってくるわけがありません。

そのあと安全運転で帰ったのは言うまでもありません。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿山名美子さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7662
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

シンプルな話だけどリアリティーがって怖い!