短編1
  • 表示切替
  • 使い方

3人いる

怖くない話。

母が癌の末期ながら、自宅で闘病していた頃。

痛みと息苦しさ、倦怠感のはざまで、部屋の斜め上を見ながら呟いた。

「3人 人がいる…」

勿論誰もいない。

「どんな 人?」

「男の人がボロ着てなあ、3人で相談してる」

あの頃の母は、子供のような物言いだった。

やがて入院し、大部屋で主に眠ることが多かった日々。鎮痛用の麻薬が 切れたある日

「3人 いる…」

ここにも来るのかあ。

「また相談してる?」

「…じぃっと、見てる…」

ほどなく、母は亡くなった。麻薬の副作用が切れたのか、数十分、母は昔の母だった。

泣きながら、家族にお別れを言った。

痛みが強くなり、再度鎮痛薬を使った夜から意識は無くなった。

3人のボロを着ていた人達は、見ていたんだろうか。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
36500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ