短編1
  • 表示切替
  • 使い方

呼び出し

知り合いの神主に聞いた話です。飲みながらだったのではっきり覚えてないですが、暇な方読んで下さい。

夜中、深夜2時半。

「どんどんどん!どんどんどん!」寝室の扉を叩く音。

「出てたもう」だったか「ちらしたもう」だったか、古い感じの言葉で、低すぎる声で呼ばれた。

 間違いなくおかしい声に気付き本殿に直行した。

社殿の裏にある御神木に斧を当てている女性がいる。

これは大変だとすぐ女性を取り押さえた。

落ち着かせて話を聞くと、丑の刻参りを続けたが全く効果がないので、頭に来て仕返しに来たらしい。

完全に基地外の女性だった。

結局警察に連行され、今は精神病院にいる。

 丑の刻参りってのは昔よりは減ったけど、まだいる。神主からしたら大迷惑だと言っていた。

三百年の樹齢の御神木に釘の跡やら、斧の跡やら、全く女って怖いなって思いました。

怖い話投稿:ホラーテラー ボクちゃんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
33000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ