中編4
  • 表示切替
  • 使い方

某カラオケ店にて

今から5年くらい前でしょうか。正社員だった仕事を辞め何もかも嫌になった私は家を飛び出しました。

1年半にも渡る神戸での長い長い家出生活の始まりです。

家出の際に持って出たのは携帯、充電器、銀行の通帳、キャッシュカード、免許証、わずかばかりの現金が入った財布、それらが入った鞄のみでした。

幸いバイトだけは決めて働き出していました。

10時から14時までイタリア料理屋でバイト。22時から朝6時までカラオケ店でバイト。

月にしたら手取りで20万近く稼いでました。

ただ、家出中と言う事もあり寝るのはインターネットカフェや安いカプセルホテルばかり。

何着か服を購入してはバイト先のロッカーに置いておき、休みや空いてる時間にコインランドリーで洗濯して着替えたりしていました。

しばらくバイトを続けているうちにイタリア料理屋では朝の開店準備を一人で任される事になり常時店の鍵を持たされました。

カラオケ店の方でも店の最後の締めを任されるにあたり鍵を常時持たされました。

給料日前のお金の無い時は勝手に忍び込んで料理を作り、食べて寝てたものです。

私が働いていたカラオケ店は立地の条件もあり平日のオープンは16時から。土日、祝日のみ11時オープンといった変わった営業時間のカラオケ店でした。

前置きが長くなりましたがここからは私が昼間カラオケ店で勝手に寝てた時の話です。

そのカラオケ店は(今はもうありませんが)5階建てのビルで1階はローソンがあり受け付けは2階。

2階に大部屋が2部屋と厨房、3階と4階に部屋が各9部屋ずつありました。5階は更衣室や事務所がありました。

カラオケ店は閉店中は入口と受け付け前はシャッターが下りていて昼間でも電気を付けなければ真っ暗です。

その日は珍しくカラオケのオープンから入る事になり時間まで2階の大部屋で寝ていました。

カラオケ店の前は結構な大通りで車も人も多いのですが中にいれば全く聞こえずシーンとしていました。(まぁ元々、カラオケ屋だけあって防音設備はしてたのでしょう)

聞こえるのは厨房から聞こえるジーという業務用冷蔵庫の音と時折製氷機のガチャンという氷が出来る音だけです。

何時間位寝たでしょうか。ふと目が醒めました。

喉が渇いたなぁと思い厨房に行って勝手にお茶でも飲むかな〜とか考えていました。

5分ほどそんな考えでウトウトしてたんですが、さて身体を起こそうとしたら動きません。

人生で生まれて初めての金縛りでしょうか。

と、徐々に空気が張り詰めたような感じになりキーンと超高音?(どう表現したらよいのかわかりません)が微かに聞こえてきました。

それと同時に寝ていたソファーの足元の方に感じる気配。

正直、えっ??何?やばいの?みたいに思いながらもどうしようも出来ません。

やがて真っ暗闇の中、足元の気配がソファーを伝ってズル…ズル…と近づいてくるのを感じました。

そして、ソレが足に当たるっ!と思った瞬間、身体の中を足元から轟音が突き抜けていきました。

実際は音など何も鳴っていないはずなのに頭の中ではゴォーという音が。

そして轟音と共に低くくぐもった男性の声で「コロス…コロス…」と聞こえ頭の先を音が突き抜けていきました。

正直、ガクブルです。頭はクリアなのに身体は動かず、気を失ったりしてた方がどれだけ良かったか…。

頭を突き抜けた音が数秒して次は頭から足にかけて戻ってきました。

また轟音と共に身体を突き抜け、「シネ…シネ…」と聞こえてきました。

完全に音が足元に突き抜けて5分位は何も出来ませんでした。

既に身体は動かせたはずなのに恐怖からかどうしようも出来ず、起き上がって何か見てしまったらどうしよう…みたいな。

しかし、逆にこのまま寝ていても、いつまた音がするかわからない恐怖もありました。

心の中で1、2、3と数え、意を決して素早い動きで起き上がり部屋の電気のつまみを回しました。

明るくなった部屋には…当然私しかいませんでした。

さっきのは何だったんだろう…。考えても答えなんぞ出るわけもなく汗びっしょりになった身体で厨房に行きお茶を飲みました。

そのカラオケ店で結局3年ほど働き、懲りずにその後も勝手に忍び込んで寝てたりしましたが恐怖な経験はこの一度きり。

他のバイトや店長にもそれとな〜く色々と聞いてみましたが過去に事件、事故があったわけでもなくおかしな経験をした人もいませんでした。

アレは何だったのでしょうか…。

今も人生最大の謎です。

あれから5年ほど経ちましたが、殺されもせず、死にもせず、ちゃんと職に就き生きています。

余談ですがカラオケ屋の裏が893事務所だったのと関係あったのでしょうか…。

怖い話投稿:ホラーテラー 出前三丁さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
26800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ