短編1
  • 表示切替
  • 使い方

もしかして…

2年前の話だ。

ある日の夕方携帯に着信があった。

知らない番号だ…。

その時は気にせずに放っておいた。

しかし、次の日もその次の日も着信が…。

しかも同じ時間の16時52分。

さすがに気になりかけ直す。

が相手はでない。

(よし…かかって来た瞬間に出てやろう)と16時52分に待ち構えるが、かかって来ない。

(故障か?)と思い修理に出すことを考えたが、他の機能は普通に使えるので結局出す事はなかった。

それから一ヶ月近く同じ時間に着信があったが、そのうち気にならなくなっていった。

しかし、ある日自宅でTVを観ていると父から電話が。

「祖父が倒れた。すぐに〇〇病院へ」と。

慌てて駆け付けたが祖父はすでに昏睡状態

そして、心の準備が出来ないうちに祖父は永眠した。

「16時52分です…」

医師が言った。

その瞬間背筋に冷たいものが走った。

悲しみにくれるまま、通夜・葬式と進んでいった。

なんの関係性があるかは今も不明だ。

しかし、あの日以来16時52分に着信はない……。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ