だからあれほど言ったのに

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

だからあれほど言ったのに

――俺は走っている

目的地までギリギリ間に合うかの瀬戸際だ。一分一秒を争う。

「どうですかー?」

ティッシュ配りのお姉さんだ。貰いたいが立ち止まる余裕は無い。

「キャー!ひったくりよー!」

すまん、誰か他の人に助けを求めてくれ。

「すいません道をお尋ねしたいのですが?」

ごめんなさい!急いでいるんです。

その後も何度も声をかけられた。一生に一度のモテ期なのか?悔やまれるが仕方がない。

ハアハア、あと少しだ、こんなに走ったのは久しぶりだよ。

ようやく目的地に到着した。あれ?でも不思議な事に気付いた。

どうしてこんなに急いでた?それよりも…此処に何の用事があったのか?

冷静になって考えてると…ある事に気付いた

声をかけてきた女性…一瞬一瞬しか見てないが、みんな同じ顔だった

その瞬間

キキー!ドンッ!!!

――俺は暴走車にひかれた

薄れゆく意識の中で聞こえてきた

「だからあれほど言ったのに」

怖い話投稿:ホラーテラー 春の使者さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ