纏わりつく女 1(こぴぺ)

長編8
  • 表示切替
  • 使い方

纏わりつく女 1(こぴぺ)

気持ちの整理がついたので、書き込んでみることにする。

俺とS、2人で葛藤するよりも、みんなに知ってもらう事により少しでも楽になりたいと思ったから。

6年前・・・

小学生の頃からの幼馴染でもあり、元いた会社で偶然再会を果たしたSと飲みに行った。

平日だが次の日はSが代休という事もあり

「じゃあ、朝まで飲み歩くか!」

となった。

ちなみに俺はただいま独立貧乏中。

市営の安い100パーに車を停め、店までテクテクと歩く。

「S、そういえばこの間、電話出てやれなくてゴメンな」

「あー、あの時な。ホントに大変だったよ。まぁ今も大変なのは変わりないけど、T(俺の名)だったら信じてくれると思ってな」

「ん?怖い系の話かぁ?」

Sの家系は俗に言う『霊媒体質』だ。

現在はSの兄貴夫婦が継いでいる実家の仕事上、ソッチ系の話のネタは尽きない。

俺も小学生の頃の愛読書が『恐怖の心霊写真集』だった事もあり、根はオカルト大好き人間だったが、以前に付き合った彼女の影響や過去に住んでいたマンションでの出来事以来、興味のみで話に首を突っ込むのはやめていた。

だらだらとくだらない話をしながら店に入る。

スーツ姿のサラリー2人が怖い話を神妙に始める・・・

こんなこと普通の店で始めたら女の子達が皆引いちまうってな事で、入った店はいつもだったら朝方の一番最後に行くタイの店だった。

「今日は来るの早いねぇー」

エーコが相変わらずの口調で話す。

「くぇrちゅいおぱsdfghjkl;zxcvbんm!」

なに言ってるかさっぱり分からん。

「歩言うytれlkjhgfd!」「fghjうぇrtxcvbぬい!」

「ゆいあsdfvbんmdh!」

タイ語で喋ってるからさっぱり分からない中、一番日本語が達者な子に俺だけ外に連れ出される。

「なんだ?お店でなにかあったのか?」

「Sさん、ちょと違うよ!なにかあたでしょ?」

「んなことないよ、いつも通りだよ」

「みんな言ってるよ、女の人いる!女の人いる!って」

「はぁ?おんなぁ?」

「そうよー、わたし分からないけど、みんなが女の人いる!って言ってるよ」

「訳分かんねーけど話の内容は分かった。Sに女が憑いてるのな」

「そう、おんなのひと・・・」

なんだかよく分からないまま再度店内に入り席に着く。

「T、早速終わったらアフターかよ?」

と、ニヤニヤしながらSが言う。

「んな話じゃねーよ・・・S!おまえっ!女が憑いてるらしいぞ!」

「わかってるよ・・・今日はその話をしようとしてたんだ・・・」

話の内容は、普通の感覚の持ち主だったら全く信じられないような内容だった。

Sが家に帰り、スーツを脱ぎトレーナーに着替える。

その後洗面所に行き、手を洗いうがいをしていると、いきなり玄関が

「ガチャッ!」

と開く音がする。

チェーンも外されているが家の中に人物がいた事は今まで一度たりともなく、生身の人間の仕業ではないだろうとの事。

チェーンではなく、二重ロック式のディンプルキーに変えたが結果は何ら変わらなかった。

話は続いたが一番驚いたことは、Sはその女の顔を知っているという事だった。

「S、お前何でそのオバハンの顔知ってるの?」

「会ったことがある。

しかも家の中でな。

ベッドに入ろうとした時、いきなり寝室のドアを爪でこするような音がしたんだ。

さすがにビビッた。

そしたらドアがいきなり開いて、入ってこようとしたのがそのババァだった・・・

無我夢中でドアを押さえながら蹴りいれたら、なぜかその時は命中して吹っ飛んだにもかかわらず、肘から先だけがドアの内側にへばりついてバタバタ暴れてた・・・

あれは絶対人間じゃない」

「まじかよ・・・」

エーコと日本語が一番達者な子(名前忘れたから仮にタイ子とする)以外、俺らの席には女の子誰一人として着かず、結局、閉店時間となってしまった。

「S、お前引っ越した方がいいんじゃね?」

「あぁ、まぁ・・・な。T、もう少し飲まないか?」

「そうだな、明るくいくか?だったらエーコとタイ子誘うぞ!」

「あぁ、Tと暗く話したとこで結果変わらんからな、明るくいこっ!」

エーコとタイ子を誘い出し、開いている店を探す。

さすがに平日だと見つからなく、カラオケBOXでも行こうか?なんて話していたところ

「Sさんの家いってみる?」

とタイ子が言う。

「おいおい、タイ子おまえ話聞いてただろ?怖くないのか?」

「怖いよ!でもSさんは家に一人でもっと怖いよ!」

「S、どーするよ」

「別にかまわないよ、本気で言ってるのかな?」

「ホンキだよホンキですよー」

残り少ないタクシーを見つけ、Sの家に向かう。

エーコとタイ子はかなりの上機嫌だった。

今となって考えてみると、怖さよりも、男の一人暮らしの部屋に行く事が嬉しかったのかも知れないが。

Sの住んでいるマンションは、少し古いが何ら見劣りすることもなく、逆にうらやましいと思えるくらいのマンションだ。

早速エレベーターに乗り、8階で降りる。

「ここだよ」

「おぅ、夜中なのに邪魔してすまない」

と、少々ビビリはいった俺。

「あぁ、いいって。俺はむしろ大歓迎だよ。エーコもタイ子もさぁどうぞ!」

玄関に入り、Sが鍵を閉めようとした瞬間、俺を見る。

「やばい・・・鍵がかからん・・・」

「下の鍵は?取り敢えず半分ひねればドア全開にはならないだろっ!」

「分かってる・・・だめだ・・・びくともしない」

「俺に貸してみろっ!Sだからダメなのかもしれんっ」

Sをどかし、鍵に手を触れた瞬間!・・・ドアノブが回った・・・

条件反射的にドアノブを押さえつける。

『絶対に入れねーぞ』

と心に思いながら、今思うと既に巻き込まれていたことも分からずに、ひたすらドアを押さえつけた。

「エーコです。あけてよー」

!?エーコだった。

『じゃあ・・・さっき部屋に入った、タイ子ともう一人は誰だ?他にもう一人がこの家にいる!』

俺は気が動転し、エーコの腕を掴み無理やり抱き寄せた。

Sが土足のままリビングに走る!

「こぉぉぉのやろーー!」

鍵など気にしている暇もなく、エーコを連れて慌ててリビングに向かうと、そこにはソファに座ったタイ子を後ろから押さえつけていた、そう、『女』がいた。

その女は多分50歳前後だと思う。

ただ、なんとなく見覚えのある顔だった。

無表情のそのおばさんは、タイ子を押さえつけながら俺ら?というよりSをずっと見つめていた。

何秒くらい互いに見つめ合ってただろう・・・

俺はその間ひたすらこの女のことを考えていた。

そもそも、タイの店でSに女が憑いてるって騒いでた時も、俺は女を既に『オバハン』だと決め付けていたし、今、目の前にいるそのおばさんはまさしく俺が思い描いていた通りの顔だった。

『ん?じゃあ俺も関係しているのか?この女はいったい誰だ?よく考えろ。誰だ?どいつだ?』

Sがゆっくりと話し始めた。

「あんたは俺に何をしたいんだ?喋れるか?俺は落ち着いてるぞ。俺の人生27年間、物心ついたときからあんたの顔は知ってる。体はあるのか?生きてるのか?今日ではっきりさせよう。憑いてるのは俺個人か?家系か?」

エーコがタイ語でタイ子に話しかけるが、なんら反応がない・・・

俺はずっと考えてた。

こいつの顔をどこで見たのか?

なぜ俺も知っているのか?

どこで見たのか・・・!

思いだした!ん?エプロン姿?作業着?なんだかたくさん思い出してきた。

やっと分かった。

そう、エプロン姿も作業着姿も見覚えがあるはずだ。

だって

「T、お前も知ってるはずだ。

思い出したか?

そうだよ、この女は俺らが通っていた保育園の先生だ・・・

お前は途中から幼稚園に行ったけどな。

俺はずっとその保育園にいたんだ。

言ったはずだ、知ってるだろ?

俺のティムポと尻と背中にスゲー傷がある事、保育園でこいつにやられたんだ。

人間の体で入りやすい箇所3箇所だからな。

事件後、園長と一緒に家に謝りに来たとき、うちのじいちゃんはすげー顔してたぜ。

分かるんだろうよ、なんせ拝み屋だからな」

女の顔が歪んでくる・・・

Sはさらに話し続けた。

「T、お前は休日出勤ほとんどしなかっただろ?

見覚えないかも知れんが、うちの会社で使ってる清掃業者の中にもこの女は紛れ込んでたんだ。

一瞬チラっと目が合ってな。

俺は全てを思い出し、速攻家に帰ったよ。

休み明けに会社に来てみると、トイレに俺の事がいっぱい書いてあった。

覚えてるだろ?

ぜんぶこいつだ。

H部長にある程度の訳を話し、この女はその会社をクビになったそうだがまだまだ続くんだ。

実家の玄関に効きもしねぇ札貼ったり、家の前を何往復もしながら呪唱えていやがる。

しかもよっぽど俺は恨まれているのか、こいつ自身に跳ね返りがくるぐらいの強烈なやつよ。

まだまだあるぜ!

小学生の頃、校門前にチラシ配ってる変な女いたの覚えてるか?

ちっちゃい子達が怖がっちゃって、先生達が追い払った奴。

それもこいつだよ。

授業参観のとき奇声を発しながら廊下を歩いてたのも、体育の授業中ずっと影から覗いてたのもこいつだ。

かんけーねぇ卒業式まで参加しやがった。

さぁ、何が知りたい!

何が望みだ!

話してみろ!話せ!」

タイ子がとうとう堕ちた・・・

力が抜けきったようにダラッとなり、失禁する。

エーコは怖いのか、小声で何か言いながらずっと俺にしがみついたままだった。

女はSを見つめたまま動かない。

やがて、女の目線がゆっくりとタイ子に移った。

一瞬、俺らの方を見た後、ニヤっと笑い薄くなってきて消えた・・・

「T、ありゃあ生霊だ。もう少し続くぞ」

「もうかんべんしてくれー。あの女、確かに覚えてるよ。ありゃあ変質者って言うよりも、Sだけを狙ってたのか?」

「あぁ、小学校、中学校どこまで俺の事見てたのかは分からんけどな。ただ、あの女は先長くねーぞ。Tも見たしタイ子もエーコも見たし。本来なら俺だけに見えてなくちゃおかしい。失敗だな。奴にはキツイ返しが待ってるぜ」

タイ子を横に寝かし、3人で今後について話した。

正直言うと、俺はその時ホッとしてた。

あのおばさんはSを狙ってるみたいだし、Sじゃなかったとしてもとり憑くのはタイ子のような気がしたから。

エーコがポツリポツリと話し始めた。

「女の人、タイ子に入ってるよ。ちがう?Sさん、ちがう?」

「エーコ、取り敢えずタイ子はここに泊まらせる。明日みんな暇か?実家に行って、親父にお払いしてもらおう。T、エーコ、それでいいな」

と、S。

「そうだな、Sの親父さんだったらなんとかしてくれるんじゃね?」

「たぶん、な」

結局みんなSの家で夜を明かす。

朝、起きてみると、エーコとタイ子がいない事に気付いた。

俺より先に起きてたSに訳を聞く。

怖い話投稿:ホラーテラー 暇な人さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ