短編2
  • 表示切替
  • 使い方

姪の見るモノは?

これは今年の四月ごろの話。

姪はその頃、一才九ヶ月でバイバイと手を振るのを覚えたばかりでした。

出かけるときは「バイバイ」と手を振り。

犬や猫にも「バイバイ」をしていた。

ある日の夕方、姪と散歩に出かけたのです。

自分「あっニャーがいるよ。バイバイして」

姪「バィッバーィ」手を振りました。

それから少し歩いていて急に…

姪「バィッバーィ」

誰もいません。動物もいません。

自分「?……どこにバイバイしてんの?誰かいた?」

姪はバイバイした方を指さしました。

やはり誰もいません。動物もいません。

次の日に同じ道を散歩したら、昨日と同じ場所に向かって「バイバイ」していました。

昨日もそうでしたが、ふつうに手を振るだけのバイバイではなくて、頭を片手の指でツンツンとつついてから、手を振りバイバイをしていました。意味の分からない行動でした。

自分「誰かいるの?」

姪はうなずきました。

自分「どこにいるの?」

同じ場所を指さしました。

その時になって気づいたのですが、姪のみていた所に小さな鳥居があったのです。

「ああ、こいうとこって霊とか集まるのかな?」って思いました。

また数日たって散歩したら例の場所に「バイバイ」しました。

自分「また誰かいるんだな。どこにいるの?」

姪「んっ!」

鳥居に指は指しませんでした。

いつもと90°ちがう方向に指を。

僕の目の前に指をさしました。

気味が悪くなりその日はすぐに家に帰りました。

次の日から不可解なバイバイはしなくなり、誰かいるのかと姪に聞くと、首を振りました。

姪は何を見ていて、見ていたモノはどこへ行ったのだろう………。

怖い話投稿:ホラーテラー 闇の雨さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ