長編24
  • 表示切替
  • 使い方

小人

その物言わぬ人物は、椅子にうなだれている。

ピクリとも動かない。

僕の隣にいる女性はこう囁く。

「あなたの所為じゃないのよ」

後悔と罪悪感だけが僕を支配する。

間接的にせよ、この人をこんな姿にしたのは僕だ。

僕が先輩をこんな姿にしたんだ。

学生時代、バイトでとあるサービス業をしていた。

ある冬。

バイトの人間関係で失敗をした。

ナンバー5のお客様に気に入られてその方の知人・友人から指名が入るようになったことだ。

その方たちは、最初はナンバー5さんの常連の方に付いてきた方たちだったのだが、ヘルプで入った僕を気に入ってしまった。

一見、何の問題も無い様に思える。

そして、実際にも何の問題は無い。

だが、そのナンバー5さんは自分の指名を横取りされたと思った模様。

これは不味いなあ、と人間関係の難しさを反省していた。

バイトであるサービス業はメンツが命。

自分より格上には媚びへつらう。

自分より格下には舐められてはいけない。

それが暗黙のルール。

予想通り、彼のマンションに呼び出された。

中にいたのはナンバー5さんと二人の男、そして女が一人。

正座→土下座→説教→暴行→土下座の順で3時間ほどその部屋にいた。

筋を通せ。

そんな事を言われた。

筋も何もない。

僕に舐められたくないだけだろう。

暴行の時、ナンバー5さんはその様子をニヤニヤ見ていた。

だが数発殴ると、顔はやめとけよ、と言いながら女の人と共に寝室に行ってしまった。

お金を取られると思って、財布には小銭しか入れなかった。

しかしお金は請求されなかった。

良かったと思ったのが笑える。

背中を殴られたショックで足が痺れるという貴重な体験もした。

解放後、手と顔以外の体中が痛かったので、タクシーに乗りたかったが、お金はない。

お金を取られると思って持っていかなかったことが、逆に僕を困らせた。

今であれば、家についてからお金を払えばいい、などと思う。

だが恥ずかしい話、当時の僕は一人でタクシーに乗った経験がなかった。

カードを使えるということすら知らなかったのだ。

近くの公園で始発を待った。

体力のない状態で冬の気温は堪える。

体が寒さで収縮して傷口を広げる感覚が分かる。

足が痛みと寒さでガクガクと笑う。

始発が来る前に天国からのお迎えが来そうだ。

当時、仲良くしてもらった先輩が居た。

彼とはバイトを斡旋してもらってからの縁だ。

性格は最悪だが頼もしい人間である。

きっと僕のピンチには颯爽と現れてくれる。

そんな先輩に来てもらえばと思い電話をした。

「ムリムリ。俺今寝てる、おやすみー」

……切った。

マジかよ。

なんて後輩おもいなんだ。

Prrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr

「……しつけー」

「ですよね。すいません痛すぎて動けません」

「なに? お前ボコられたの? マジうけるわ」

「笑えないっす。痛すぎっす」

――ドン。

「…………」

「先輩?」

「わり、ケータイ落とした。ああ。……迎え行くわ。ガス代お前持ちな」

「あざっす! 愛してます!」

先輩は30分ほどで来た。

先輩の姿が戦場の負傷兵を救出する英雄に見えた。

寒空の下、動けないくらいの傷を負って、一人ポツンと公園にいる。

その孤独感は中々きつい。

クルマが止まり、中から先輩が現れる。

なぜか「ツァラトゥストラはかく語りき」が頭の中に流れた。

「2001年宇宙の旅」で有名なあの曲だ。

もちろんその映画は見たことが無い。

2001年はとっくに過ぎて、知的生命体も見つかっていない。

しかし、負傷した後輩を助けに来た先輩はいた。

僕は感動して泣いてしまった。

今思い出すと泣いたのがもったいなかったが。

「え? お前何泣いてんの?」

「すいません。先輩が来たのが嬉しくて」

「きも」

「マジすいません。ありがとうございます」

先輩の中古シーマに乗って、246号を走っていた。

そのクルマはサトさんという先輩の先輩からもらったものらしい。

冬は大体コレに乗っている。

冬のバイクが如何に過酷か、バイク乗りなら分かると思う。

生粋のバイク乗りならそれすら気持ちいいのかもしれないけれども。

先輩は街乗りだ。

傾ける情熱は移動のし易さくらいだろう。

「先輩早かったですね、家じゃなかったんですか?」

「女のとこ」

「ああ、Yちゃんですか?」

「いや、違う。飲み屋で仲良くなった」

「どんな感じの人ですか?」

「まあ、可愛い系じゃね? 彼氏にドタキャンされたから一人で飲んでたんだってよ」

「何やってる人なんですか?」

「学生デリヘルだって言ってたなあ」

「なんで水商売やってる女の子って身長低い子が多いんすかね?」

「何だそりゃ。しらねーよ」

分からんでもねえな、と笑いながら運転を続ける。

談笑しながら帰路を走っていた。

唐突に笑いのトーンを抑え先輩が話し始めた。

「お前さあ、幽霊とかそういうの信じる?」

「え? 先輩はそういうのダメじゃなかったんですか?」

「信じるわけないだろ。ガキじゃあるまいし」

先輩は続ける。

幽霊見えるやつは病気だ。

頭いかれてるかクスリのどっちかだろ。

ただ、自分の目で見たものしか信じないヤツってのも同じようなモンだ。

自分の目だって、言って見たら電気信号だろ?

電気信号がいかれたら、あるはずないものも見えちまう。

TVだって壊れたら変なモン映るだろ? ゴーストだっけ?

つまり、故障だ。

故障したらメンテナンスしないとなあ。

故障した目で何かを見たとき、自分の目で見たものしか信じないヤツは、多分幽霊の存在を肯定しちまう。

実際に見えてんだよ、自称見える人には。

だけど正気かどうかは疑わしいな。

つまり、自分の目で見たものしか信じないヤツこそ危うい。

じゃあ、地球が丸いのをその目で見たことあるのか。

映画のCGやら手品やらはその見たままの現象があると思っているのか。

見たことが無くても、信じる。

見たとおりの事を、信じない。

その違いは科学的証拠か?

それともタネを知っているからか?

そのどちらも自分では検証できないし再現もムリだ。

要は知識や常識みたいなフィルターがありえるもの・ありえないものの線引きをしてる。

だが幽霊はどうだ?

見えても見えなくても、いる・いないことが証明出来ない。

だから信じるか信じないかの二極化になっちまう。

幽霊はいない。

だけど見えちまうこともあるってことだ。

水商売やタクシーの運ちゃんから幽霊見た話とか良く聞くだろ?

あれも似たようなモンだよ。

人間は夜行性の動物じゃねえ。

毎日毎日夜に起きてたら、そりゃどっかいかれるだろ。

しかも起きてる時には酒飲むか、嫌々裸になるか、ムリして運転してるか。

体に悪いことばっかしてたらそりゃ頭もいかれるわ。

妙に脈絡のない話が続いた。

先輩の言いたいことは何となく分かった。

だが、先輩がやたらとテンション任せで饒舌なことが引っかかる。

長い付き合いだ。

それくらい分かる。

まるで自分に言い聞かせているみたいだった。

「先輩だったら、幽霊ボコボコにしちゃいそうですよね」

「馬鹿か。幽霊殴れるわけねえだろ。いないもん殴れるか」

「そりゃそうですね。で? で、何かあったんですか?」

先輩は僕をチラリと見て、吐き出すように言った。

「小人だとよ」

「は? 小人?」

「その女の話なんだわ。ベッドの下に小人がいる。一匹くらいならいいんだけど、段々増えていってる。ベッドの下から出てきそうだから何とかしてくれ、って頼まれたんだよ」

「タマかペーパーですか?」

「俺も最初はそっち系かと思ったんだけど、違う」

「じゃあ病院に連れて行ってあげたらどうっすか?」

「ああ、やっぱそうなのかなぁ、なんか凹むわ」

「でも、それどっちかって言うと妖精っすね。やっぱ可愛い人が見る幽霊は可愛い――」

「いや、あれはそんな可愛いもんじゃねえよ」

「え? 先輩も見たんすか?」

「……。最初は飲み屋に居たんだわ。けど、その相談事聞くじゃん? 男なら見たくなるだろ? 主にベッドを」

「ベッドを」

「で、部屋に行くじゃん。するじゃん。寝るじゃん。それでお前からしつけー電話」

「マジっすか。すいません」

「いや、助かったわ。俺も見ちまったんだわ。その小人」

「え? マジっすか?」

「ああ。俺、幽霊信じてないし。だけど幽霊じゃないなら俺も病気なのかなあって凹んでんだよ。おい、パシリに言うなよ? なんか馬鹿にされそうだ」

「言いませんよ。ちなみにどんなのっすか? その小人」

「俺が見たのは黒いわさわさしたのだな。ってかあんなの小人に見えるのが凄いわ」

「いや、わかんないっす」

「俺も良くわかんねえ。ティッシュ箱くらいの黒いのがベッドからのろのろ出てくるの見ちまったんだよ。女は人間の小さいヤツって言ってた。けど俺には、ももののけ姫のタタリガミみたいに見えたわ。でかいゴキブリみたいな?」

「うわぁ。それはキモイ」

「ベッドの下にいるとかいってただろ? フツーに部屋の中ウロウロしてたよ。 もうベッドの下から出てるじゃねえかって。殺虫剤探したけどないから消臭スプレーかけたり、手元にあったバイブぶつけた。だけど全然効かなかったんだわ。で、どうすっかなあって思って。あれ? 確か出てきそうな小人をどうにかしろ、みたいなこと言われたな。既に出てるなら、これから出ないようにしてくれのお悩みは解決だな。つーか小人じゃなくてこれバケモンだろ、だから頼まれてるのとは違う、とか思った」

「先輩、酷すぎですよ。何匹ぐらいいたんすか?」

「さあ? 俺が見たのは六匹だけど。ベッドの下には何匹いるかわかんね」

「ベッドの下は流石に見たくないっすねぇ」

「だろ? あんなのがたくさん出てくる家にも居たくないだろ? だから呼び出されたのを口実に逃げてきた。あんなのが人間に見える女も怖いしな。幸いその女起きてなかったから速攻でお前のところ来れたわ」

確かに映画で見たあのタタリガミが人間に見えるというのは病んでいる気がする。

間違いなくゴキブリは人間には見えないだろう。

だが、仮にも一夜を共にした相手。

そんなわけの分からないモノがいる部屋に一人きりにする。

人間として先輩も病んでいる気がする。

まあ呼び出したのは僕だからそんな贅沢は言えない。

僕だって我が身がかわいい。

だが、しかし、それよりも!

「先輩。僕のこと心配だったんじゃないんですか?」

「お? お、おお。シンパイシンパイシンパイ、シンパイ……シンパイって何回も言うと意味分からなくなるな。で? 誰にやられたんだよ」

「ナンバー5さんですよ。あの人優しい人だと思ってたのに」

あんなしょぼいヤツにやられてんなよ、と言いながら背中をバシバシ叩く。

先輩、痛い。

僕、怪我人。

痛みに耐えた夜を越えた翌日。

病院に行き治療を受ける。

腕と肋骨が骨折、多数の打撲・擦り傷。

階段から落ちました、これが鉄板フレーズ。

もちろん先生は信じていなさそうだったが、通報が面倒なのは向こうも一緒なのだろう。

あまり無茶をしないように、と軽いお説教だけですんだ。

治療費すら自腹なのがとてもキツイ。

受付のお姉さんが一番心配をしてくれた。

病院の受付のお姉さんはどうしてあんなに可愛い人が多いのだろうか。

看護婦さんよりもその率が高い気がする。

むしろ看護婦さんは年嵩の方が目立つと思うが。

電話にて店長に連絡。

不慮の事故でバイトに出られなくなりました、と。

店長は先輩から事情を聞いたらしく、笑いながら穏便に済ませてくれた。

完治は一ヵ月後らしいが、二週間もすればバイトに出られるだろう。

その日のうちに業務用の携帯電話に連絡が入った

ナンバー5さんの常連さんであるリカさんからだ。

階段から落ちた話をしたが一笑にふされた。

ナンバー5さんが事態を吹聴しているらしい。

もうナンバー5なんか指名しない、と語るリカさん。

やめろよ俺なんかのためにリカは店で楽しんでくれればいいんだよ、と語れない僕。

あんまりナンバー5さんを責めないであげてね、とヘタれて電話を切った。

ダサいなあ僕、と思い布団の中でバタバタ身悶える。

痛い。

二週間後、バイトに復帰。

お客様や上司・同僚たちは大体の事情を理解していたようだ。

お前休みすぎだよ。

リョウお勤めゴクロー。

もっとゆっくりしてても良かったのに。

普段鍛えてないお前が悪い。

客が俺に流れたからむしろ助かったわ。

皆、暖かい言葉で復帰を迎えてくれた。

事情は誰も話さない。

そのことに触れもしない。

分かっているからこその悪態。

心地良い。

ナンバー5さんはニヤニヤこちらを見るだけだ。

その日のうちにリカさんが来た。

ナンバー5さんがこっちを見る。

いわゆる無言の圧力。

もっと具体的にはガンつけ。

僕がアルバイトをしていた店では永久指名などという良く分からないルールはなかった。

ルール上は全く問題ない。

だが人間の心はそういうものでもない。

とりわけ男は振った相手や振られた相手に邪険にされるのをことさら嫌う。

それが例え興味のない人でもだ。

「今日、復帰初なんでしょ? ボトル入れてあげるよ」

彼女の厚意はありがたいが、そっとしておいて欲しい気持ちもあった。

ねえねえリョウって幽霊見えるんだって?

そういう風に切り出したのは、リカさんだった。

彼女たちは大体三人で来るか、リカさん一人で来ることが多い。

今日リカさんが一人で来た本題は快気祝いではなく、相談事だったらしい。

「私、最近変なモノ見ること多くなっちゃったんだ。それでリョウはその手の話を解決してくれるって店長から聞いたの。リョウってお寺の息子とかなの?」

「いやいや。そんなんじゃないよ。御悩み相談だって大したこと出来ないし」

「でも店長はリョウのことアイツなら何とかしてくれるって言ってたよ」

「……まあ、話なら聞くよ」

なるほどね。店長、アンタの仕業か。

リカさんの話は、最近聞いた話、そのままだった。

先輩から聞いた話だ。

小人。

つまり、あの時先輩と一緒にいたのはリカさんだったってことか。

世間は狭いなあと思ったが、先輩の話と一つだけ違う部分があった。

「一匹だけベッドの下から出てきてるの」

当然のように僕はリカさんの家に行った。

やましい気持ちなどこれぽっちもない。

問題を解決してあげたい一心だ。

やましい気持ちなど……。

「それで? ここにその小人がいるの?」

リカさんのベッドを隅々まで見たが、小人どころかチリ一つ落ちていなかった。

「ふとした拍子に出るの。今はいないみたいだけど」

「じゃあちょっと待とうか」

仲の良い男女が部屋に二人。

悩みを相談したことでリカさんは安心しているようだ。

距離が自然に近くなる。

二人がけのソファに二人、距離が近くなるのも当然だ。

テレビを見ながら、下らない雑談、ほんの少しの猥談。

リカさんは僕の腿に手を置く。

ほろ酔い加減のリカさん。

男女が部屋に二人。

見つめあう男女が二人。

「シャワー、浴びてくるね」

リカさんは思い出したようにポツリと呟いた。

リカさんが出た後に僕もシャワーを勧められた。

確かに一日の汚れは落とすべきだよな。

うん。

シャワーを浴び、タオルがどこにあるか聞きにいこうと思った時に扉が開いた。

「リョウ! 出た!!」

……うっそぉ。

何て空気の読めない小人さんなの。

リカさんはベッドの横を指差し、あれ! あれ!! 二匹になってる! と叫ぶ。

大騒ぎだ。

色々なものを手当たり次第に投げつける。

ソファやテーブル、床に向かって小物を投げる。

くるくると方向転換し、何かを追いかけているように見えるリカさん。

きゃあきゃあ言いながら何かを追いかけるリカさん。

投げた小物が部屋に散らばる。

何?

何をやっているんだ。

小人?

タタリガミ?

二匹どころか何もいない。

これはどういうことだ?

徐々に乱雑になる部屋の中で僕は思った。

「マサシくーん」

リカさんの部屋から帰った次の日。

目的地のマンションの前でクルマから降りると声を掛けられた。

声の主はYという女性だった。

「あ、Yちゃん、久し振り。買い物?」

「そうだよ。今からタクのところ」

Yちゃんの両手にある荷物を強引に奪う。

「ありがと。マサシくんもタクに用事があるの?」

「う、うん。いや用事ってほどでもないんだけど。ちょっと事情聴取を――」

「また何かしたの? アイツ」

Yちゃんの目がギラリと光る。

うお、こええ。

「いやいや、先輩に相談があるだけ。ゼミのプレゼン用パワポの作り方教えてもらおうと思って」

「なんだ。アイツが何かしたら教えてね。や・く・そ・く!」

口調は優しいが、怖い。

あの先輩と長く付き合えるだけある。

「Y。来る時は連絡くらいしろよ」

「浮気チェックも兼ねてんのよ。やましいことでもあるの?」

「……ねえよ。でもいなかったらどうすんだよ?」

「そういうときのための合鍵でしょ」

ウインクしながら言う姿は一見可愛いらしい。

しかし、その真意。

居留守は無駄という意味を含んでいるのだろう。

この状況下で、浮気相手の部屋にいる小人を話したらどうなるだろうか。

小さな好奇心は一瞬にして恐怖心にかき消された。

先輩の目が、話せば殺す、そう物語っていた。

先輩には既に事のあらましは伝えてある。

細かい話を聞きたいからウチに来い、そういうことだ。

先輩はこの現象を病気かどうか見極めたいらしい。

唯一の誤算はYちゃん。

これではまともに話すことは出来ない。

「マサシくん、バイトどう? もう慣れた?」

ピザをくわえながらYちゃんが尋ねる。

「慣れたって言うか、昨日復帰したばかりだよ」

「あ、そっか。今まで休んでたんだ」

「そうそう、あ」

絶好球。

今ならスムーズにいける。

「そうだ。先輩、Yちゃん。ちょっと相談あるんですけど」

一瞬先輩がこちらを見る。

大丈夫です。

アイコンタクトはばれない様に。

「昨日のことなんだけど――」

状況を話す。

お客様からの相談であること。

ベッドの下にいる小人のこと。

最近になって二匹出てきたこと。

他の人には小人でないものに見えたこと。

僕には見えないこと。

「え? マサシくんはその子の部屋に行ったの?」

「うん。昨日」

「しちゃった?」

「いやいやいやいや。何もしてないよ、ホントに」

「あ・や・し・いなあ。まあ彼女いないから、おイタしてもいいんじゃないの」

「おお、そういやいなかったな」

「アンタ付き合い長いのに何でそーゆー大事なこと知らないのよ」

「男はそういうことペラペラ喋らないんだよ。なあ?」

「そうですね。男同士だと恋愛の話はしませんね」

「うっわ、男って超つまんねー」

「もっと楽しいことあんだよ、世の中には」

「先輩は何人くらいなんですか?」

「俺? 少ないぞ。五人」

「コイツ、顔だけは良いからホント心配なんだよね」

「うるせーなー。俺にベタ惚れなくせに」

「うっさいわね! ソーロー!」

「お前そういうリアルなこと後輩の前で言うなよ。で、お前は?」

「僕は高校生のときに一人だけですね」

「「えええ゛っ!?」」

先輩とYちゃんは酷く驚いた表情で叫んだ。

心外な。

僕だって付き合ったことくらいある。

「お前? マジかよ? あんな水商売やってんのに一人とか!」

「やぁん。マサシくん、超カワイイィ。おねえちゃんが相手してあげよっか?」

先輩が驚いた顔を見るのは初めてかもしれない。

だけど、そもそも先輩があのアルバイトに僕を投げ込んだんじゃないか。

どういうイメージを僕に持っているんだ、一体。

一人の女を想い続ける考えは古いのかよ。

その後、二人は僕を散々馬鹿にし、それが飽きたころにやっと本題に入った。

「ああ面白かったぁ。なんだっけ小人? もう何聞いても驚かないよ」

「二匹出てるって言ってたな?」

「そうです。「他の人」が言うには、六匹らしいんですけどね」

「うーん。まあ一つだけ分かったことがあるね」

Yちゃんが含み笑いを堪え、続ける。

「その「他の人」はやっちゃたね。間違いないよっ!」

Yちゃんはうふふ、と笑う。

先輩と僕もつられて笑う。

だが内心はYちゃんの感の良さを恐れた。

先輩もそう思っているはずだ。

先輩は五人か。

こう言っては何だが意外だ。

百人から先は数えてない、という答えを予想していたのに。

まあ案外本当にモテる人はそれくらいなのかもな。

五人……待てよ。

リカさんは先輩と寝た後、ベッドから出てきた。

先輩が彼女である人間と肉体関係を結んだのは何人だ?

仮に全員として、五人。

それにリカさんを足す。

そうするとタタリガミの六匹という数にも合う。

そしてリカさん。

デリヘル嬢だが肉体関係といっても最後まではいかないのが普通の店だ。

彼氏と先輩を合わせて二人?

いや、流石にそれはないだろう。

ああいう店のルールは結構守られないのがむしろ普通だ。

大体、僕やYちゃんの説明がつかない。

そしてこの現象の意味が分からない。

肉体関係が分かる現象って何だよ。

次の週の夜。

僕はリカさんの家にいた。

意外にも先輩はこの現象の解明に真剣に取り組んでいるようだ。

いつもの幽霊なんていないという風に構えていない。

もう一度調べて来い、そう言ってビデオカメラを僕に預けた。

「二人が知り合いだったなんて知らなかったよー」

ベッドの横にカメラをセットしている僕にリカさんは言う。

若干恥ずかしそうだが、それは僕も同じだ。

ベッドの下から周りのフローリングを見渡せるように、引き気味にカメラをセットする。

何かが出たとしても、これで大体は写るだろう。

何度かの心霊体験と呼ぶべきことを経験してきた僕は学んだことがある。

オカルトは法則性がない。

いつも彼らのタイミングで出て、消えて、困らせる。

だからこちらから解決しようとすると長丁場になる。

よって、ソファでくつろぐのはしょうがない。

テレビを見ながら暇つぶしするのもしょうがない。

その隣に家主がいるのもしょうがない。

構って欲しそうな家主がわき腹をつつくのもしょうがない。

シャワーを浴びることは一日の汚れを落とすためしょうがない。

「でた!!」

ナンナノ?

ワザト?

小人サン?

例によって僕にはさっぱり見えない。

二匹だ! そっちに一匹行った、ほら何してんの!

霊感があるとかないとか、そういうことが関係あるのだろうか。

解決も何もリカさんが一人で騒いでいるようにしか見えない。

そして当の本人も大して恐怖を感じていないようだ。

ネコが嫌いな人が部屋に迷い込んだネコを追い出そうとしている。

その程度の迷惑さのようだ。

僕が何もしないで呆れて見ていると、突然玄関のドアが開いた。

「いるかー?」

その男の声に一番反応したのはリカさんだ。

「ダメ!! 今日は帰って!!」

しまった。

彼氏いるとか言ってたな。

どうしよどうしよ。

僕はバトル向きのキャラじゃないぞ。

リカさんの呼びかけを無視して、リビングに声の主が入ってくる。

「リョウ! おい! どういうことだ!? リカ、お前浮気してやがったのか?!」

その声の主はナンバー5さんだった。

胸倉を掴まれた時、ああまたしばらくバイト休みかあ、と思った。

「ま、見てみようじゃないの」

僕と先輩とYちゃんが画面を睨む。

また邪魔されて会話し辛いのはコリゴリだ、と先輩。

僕のマンションで二人だけで視聴しようということになった。

だが、間の悪いことにテレビに接続している最中にYちゃんからの電話が。

こういうときの女の感は神がかっていると思う。

Yちゃんは先輩をも凌駕する喋くりの達人だ。

断ることなど出来ない。

結局、彼女も僕の部屋で一緒に見ることになった。

「お、何かいい雰囲気ですなあマサシくん」

画面には映っていないが、声は聞こえる。

「この辺は何にも無いから、飛ばしますよ」

「シャワー浴びるとか言ってるぞ。お前、ビデオの存在忘れてんじゃないのか?」

「これから何すんのー? もしかしてそういうビデオ?」

二人とも口ではそう言うが興味津々、期待満面の顔だ。

そんな行為をしているなら、何がしかの理由をつけてデータを抹消している。

「お、リカ、タオル一枚じゃん。これはそそる」

そう言う先輩が蹴られる。

カメラは寝室兼リビングを映しているためリカさんの体がちらほらと映る。

リカさんはあまりカメラを意識していないようだ。

忘れているのだろうか。

下着に着替えているシーンが映る。

Yちゃんに見ることをたしなめられる。

だが、このシーンの後に叫ぶから、と言い訳をした。

先輩も、それならしょうがない、と許してくれた。

日本は民主主義国家、多数決ならしょうがない。

Yちゃんは不服そうだ。

着替えている最中にリカさんが一点を凝視し、叫ぶ。

「おお出た。動き回って画面から切れてるな。何匹か良く分からん」

先輩も言う。

僕は全く見えない。

どこにいるのか尋ねると先輩は驚いた顔で答えた。

「え? マジか? 見えないのか。ほらココとココ、ココにも」

指を指している画面上にはただのカーペットしかない。

どうやらいる・いないではなく、僕には見えないようだ。

世話しなく何かを追いかけているリカさんとあっけに取られた僕が映っている。

関係はないが、VTRの自分の声が自分の声に聞こえない。

あれは妙に違和感があるものだ。

「あ、ココにも。ベッドの下にも何匹かいるが、良く見えん」

やはり見えない。

だが、先輩の指の動きとリカさんの動きは一致していない。

先輩が指すところにはリカさんの目線はない。

リカさんの騒いでいるところの中心には先輩の指先がない。

ちぐはぐだ。

急に画面があわただしくなり、役者が三人に増える。

入ってきた男2は男1に掴みかかる。

女はそれを止めようとする。

しかし、彼女は半裸だ。

その姿を確認した後、更に男2は激昂する。

怒りに任せて男1を殴ろうとした時、腕を振り上げたままの状態で動きが止まる。

何かを見ている。

何を見ているかは分からない。

突然、男2は叫び声をあげる。

わあああ、何だこりゃああああああ。

来るな、と叫び、何かから逃れるように腕を振り、足をバタつかせる。

男2は画面からフェードアウト。

扉が開き閉まる音と共に、そのまま声が遠ざかっていく。

ポカンと呆けた状態の男1と女。

何がなんだか分からない。

それから女は散らばった部屋を片付け始め、男1がそれを手伝うシーンが続く。

二人がしばらく話し合い、男1がカメラに近づき、VTRが終わった。

「アイツにも見えてたみたいだな」

「ですね。僕には全く見えないんですけど。Yちゃんは?」

「私も見えない。ってかタク。ホントに見えてんの?」

僕とYちゃんには全くわけの分からない映像だった。

先輩、リカさん、ナンバー5さんには見えている。

だが二人の言い分、ナンバー5さんの様子から察するに三人とも同じようには見えていない。

人によって見え方が違う。

「……あっ!?」

先輩が何度もVTRを巻き戻し、確認しながら叫ぶ。

何かに気付いたのか、それとも新しい発見があったのか。

「どうしたの?」

「い、いや。何でもない」

「言ってくださいよ」

「ホントに大したことじゃない。それよりナンバー5はどうなったんだ?」

「分かんないです。あの後バイト先にも来ませんし。店長も連絡取れないって嘆いてましたよ」

「そうか。まあ腐ってもナンバー5だからな。店の売上落ちるからアイツも必死にならざるをえんわな」

結局、その日に答えは出なかった。

先輩はウンウン言いながら、何度も画面と顔を突き合わせたが、しばらくすると諦めた。

僕とYちゃんにとっては同じ映像が繰り返されているだけなので、よく分からない。

先輩が諦めたら、この上映会も意味を成さない。

蛇のようにしつこい先輩が諦めるのは珍しいことだ。

もういいやこの件は忘れろ、そう言って帰っていった。

「ねえ、この前の小人、もう出なくなったよ」

上映会の後、いくらもしないうちにリカさんは店に来た。

ナンバー5さんとは連絡も取れなくなってしまったらしい。

付き合っていることは周りには内緒だった。

僕への仕打ちや自分へのぞんざいな態度。

他に女がいるかもしれないという疑惑。

色々な不満、不安が募り、連絡が取れなくなったのをきっかけに関係を切ったという。

メールで一方的に済ませたというからお手軽なものだ。

向こうの気持ちはどうするのか、と尋ねる。

もう着信拒否してるから分からないし、どうでもいい、と。

「それより、タクから連絡あったんだけど」

「先輩から? へえ。何て?」

その答えを聞いたとき、おぼろげながらこの現象の正体らしきものが見えた。

先輩の家。

先輩は観念したようだ。

うなだれている。

こんな弱気な先輩は初めてだ。

勘弁してくれ、その目はそう見えた。

Yちゃんと僕。

そして椅子にうなだれる先輩。

あなたの所為じゃないのよ。

Yちゃんは僕の肩に手を置き、そう言う。

だが彼女がいる時にリカさんの話を振ったのは僕だ。

あの時僕が話さなければバレなかっただろう。

Yちゃんは早いうちから先輩の浮気を確信していた。

VTRを見たあの日に。

先輩がタオル一枚で出てきたリカさんを見て言った言葉。

『お、リカ、タオル一枚じゃん。これはそそる』

これだけで先輩が浮気したであろうことを見抜いた。

そして何時間もの間、問い詰め、泣き続け、時には叫ぶ。

僕がリカさんと話し、それを聞くために連絡したころには先輩は陥落していた。

僕は二人にリカさんの名前を教えていない。

完全に先輩のちょんぼだ。

だが、たったそれだけで浮気を見抜くとは。

女の人が凄いのか、Yちゃんが凄いのか。

後でこの落とし前は付けさせてもらうからね覚悟しろ、と恐ろしいことを言い、Yちゃんは家を出て行った。

彼女がいなくなったのを確認した後、先輩に尋ねた。

「いつ気付いたんです? 小人の正体」

「画面見てたときだよ、数数えてたら、数が一致したんだ。それでお前とYのリアクション。そしてリカの数。まあ、おまけ程度にナンバー5の取り乱し方。アイツ女何人も抱えてたからな。結構エゲつない方法も使って。モテないやつほど女囲ってモテたがるもんだ」

「なるほど。ってか、これも頭の故障とかクスリの影響って言えるんですか?」

「何なんだろうな。俺には理解できない。理解できないが、実際に正しいことも事実だ。本人にしか分からないところがミソだな。数が合うってことは記憶と心理的モーメントが働いているっぽいけど。人間の脳はまだまだブラックボックスだ。俺たちはその一端に触れちまったのか、それとも全く関係のない何かなのか。だがもういい。疲れた」

「オカルトってより脳のイタズラってことですか?」

「まあそういうことだろうな。だがそうであっても一過性のもので、深刻な病気ではなさそうだ。ホッとしたよ。もうVTR見ても何も見えなくなったからな」

タネを明かせば馬鹿馬鹿しいことこの上ない話だ。

正解かどうかは分からない。

どういうメカニズムなのかも、どういう現象なのかも。

だが結果としてそれ以外の答えは見つからなかった。

偶然一致しただけかもしれない。

二度と再現は出来ないだろうし、必要もない。

小人。

先輩に言わせれば、タタリガミ。

見え方などどうでも良かったのだ。

重要なのはやはりその数。

それの正体は「浮気をした人数」

ベッドの外に出ているのは実際に浮気した人数。

ベッドの下にいるのは浮気したいと思った人数。

何とも下らないが、それが僕たちの結論だった。

肉体関係を結んだ人数でないことが重要だ。

リカさんの職業上、実際に肉体関係に至ったのは多いだろう。

要は自分が浮気心という罪悪感を持つか否かのようだ。

仕事の延長線上の肉体関係は浮気と考えないのだろう。

おかしな現象もあるものだ。

気持ちが目に見えるというのはある意味凄い。

先輩からリカさんへの電話が決定打だ。

彼女はこう聞かれたのだ。

今までに浮気した人数は何人だ、と。

怒った彼女は、お前だけだバカ、と言って切ってしまったらしい。

先輩の賢いところは、今までにセックスした人数を聞かなかったことだ。

とかく男は肉体関係にこだわる。

僕はそれに騙されていた。

僕とリカさんは肉体関係を結んでいないのに小人が増えたからだ。

罪悪感がなければ、セックスすら浮気にはならない。

気持ちというのはそういうものだ。

僕には彼女がいない。

だから浮気心などない。

そのため見えない。

先輩にはいる。

そのため六匹見えた。

浮気した人数が六人なんだろう。

通算人数が見えるのか、現在の浮気人数が見えるのかは分からない。

Yちゃんにバレた後は見えなくなった。

理由は分からないが、先輩が浮気と認めることによって罪の意識から開放されたからかもしれない。

リカさんに小人が見えなくなったのは彼氏がいなくなったからだろう。

これも気持ちの問題だ。

リカさんが彼氏と関係が切れたと思えば、相手の了承など要らない。

恋人というのはそれほど脆い絆なのだ。

単に一過性の幻覚だったのかもしれない。

それがたまたま浮気人数に重なっただけ。

だが合理的な解釈は捨てた。

ほとんど妄想の域を出ない結論、「浮気心」

だが僕たちにとってはこれが最もしっくりきた。

恐るべきはYちゃんだ。

大した証拠や状況に直面したわけでもない。

小人が見えたわけでも、リカさんに話を聞いたわけでもない。

理屈でも超常現象でも何でもない。

先輩の口走った言葉、たった一つで一点突破。

さらには残り五人の浮気相手を白状させた。

女心はオカルティズム。

僕はそう思った。

怖い話投稿:ホラーテラー 鴨南そばさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3,3820
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ