短編1
  • 表示切替
  • 使い方

脱出できないゲーム2

続きです。

僕は恐怖を感じた。どうすればいいんだ?…ベランダから外に出られるだろうか?僕の疑問に答えるかのように携帯画面からメッセージが表示される。

「あなたがベランダに逝きたいならご自由に。私は止めませんよ。アハハハハ。」

くそっ、ベランダにも何かいるのか?カーテン越しから見ると、いくつもの影がゆらゆらとして立っている。

仕方なく僕はこのゲームを続けた。いくつかアイテムを手に入れたがどう使えばいいか分からない…。

ゲームをやっている内に画面の中のプレイヤーの画像が何度か乱れる…。

意味は分からないが、不吉だ。

…そうだ!携帯を壊せばいいじゃないか!そうすればきっと元に戻る。

僕は携帯を壁にぶつけたり、重い物を上から落とす。

…そろそろいいだろう。

僕は携帯を持って画面を見る。画面は真っ暗だが、小さい何かが写っている。それはだんだん大きくなってくる。まるでこっちに近づいてくるようだ。それが手だと分かった瞬間手が画面を突き破り僕の頭を掴んだ!

気がつくと僕は携帯の中にいた。正確に言うと僕の部屋に似ている所だ。

ほぼ同じ部屋だ。天井が携帯画面に通じているのを除いて。そして僕に似た誰かが僕を見てニヤニヤするのだ。

そして今日も僕はここをさ迷うのだ。ずっとずっと…。

怖い話投稿:ホラーテラー アロエさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ