短編2
  • 表示切替
  • 使い方

坊さん〜その後

坊さんを投稿させてもらったものです。

タイトル通りその後の話。

相変わらず金縛りになり、寝不足でまいってた時、知り合いに頭と足元にコピーでもいいからお経を張ると金縛りにならないと聞き、早速試したが効果なし。

この頃、母屋の隣に新しく建てた小屋の2階に部屋を移した。

違う部屋になったし、ちょっとした安心感を持ってたが甘かった。

日曜の昼過ぎ、引越しも落ち着きベットに横になってた時に急に金縛りになった。

(変わりなしか。まだ昼だぞ…)

そう思い、ふと視線を足元から真上に向けると俺の真上、天井に大の字に張り付く女が居た。

死に装束を着て、髪が下に垂れ下がり顔は見えない。(見た目は貞子にそっくり)

一瞬で血の気がひいた時、死に装束の女がまっすぐ落ちてきた。

恐怖とぶつかる怖さで目を閉じたいが閉じれない。

逆に見開いてる。

女の顔が目の前に来て、ぶつかりそうになった瞬間に目が閉じ、身体にぶつかった感覚はなかった。

まだ居るかもしれない恐怖から暫く目を開けれなかったが、数分して金縛りも解けたので目を開けると女の姿はなかった。

この一件でお祓いに行くことにした俺は知り合いづてに霊媒師?を尋ねた。

霊媒師いわく

「強い守護霊が付いている。しかし、弱いが悪い霊もたくさん憑いてる」との事。

俺が「強い守護霊は何してるん?弱いやん!」と聞くと

「1つや2つの悪い霊なら守護霊に追い出す力、追い返す力があるが、心霊スポットなどで1度に沢山の霊が憑いて守護霊が弱ってる」らしい。

お祓いして貰い、それからは心霊スポットには行かない様にしてる。

今でも目の前のあの女の目だけは忘れられない。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ