短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ドアを開けて

友達のAから聞いた話。

友達のAが二年前、受験のために深夜に部屋で勉強してたら、ドアをノックする音が聞こえる。

「A、夜食持ってきたからドア開けなさい」

母親の声だ。ドアにはカギがかかっていたから開けよう、と思ったとき、両親は法事で田舎に帰っているのを思い出した。

一瞬でパニックになって携帯をかけようとしたが何故か圏外。

どうすることも出来ずにじっと黙っていると、そのまま階段をトントン降りていく音が聞こえた。

すると10分後、「○○、おやつ持ってきたからドア開けなさい」とまたノックが聞こえる。

○○君が黙っていると、突然

「開けろっ!開けろぉ!!!!」

と突然気が違ったように怒鳴りだした。

叩かれる勢いできしむドアを必死に押さえていると、今度は涙声で「お願い……○○……ドア開けてぇ……」って懇願してきたが、最後まで絶対開けなかったそうだ。

そのまま10分ぐらい経っただろうか。

「チッ」

っという母親の舌打ちと共に、ドアのノックが止まった。

何も起こらずに時間が経ち、安心してリビングに降りた○○君が見たのは、壁にクチベニで書かれた

や っ と あ け た

の文字だった。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
67210
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ