中編4
  • 表示切替
  • 使い方

ホテル

修学旅行の時の話。

私達はその日東北地方のT湖に来ていた。

湖畔の乙女の像(?)を見たりして元気に歌いながら楽しんでいた。

雨が降っていて風も強くめちゃめちゃ寒くてガイドさんも珍しいと言う程の荒れた天気だった。

雨の中、学年全員で集合写真を撮ってホテルに移動。途中嫌に暗くて鬱蒼とした森を通ったのを覚えてる。

ホテルに到着して部屋についたが、誰も中に入らない。

部屋は薄暗く何となく空気が重かった。

まだ誰も入ろうとしない。それ位不気味だった。

後ろにいた私は仕方なく部屋に入り、空気悪いね~なんてちゃらけながら窓を開けようと障子を開けた。

目の前に広がるのは木、木、木。奥の方に湖が見えた。

ぞくり、として動けなかった。結局窓は開けれなかった。

その部屋には私を含め6人が泊まった。

もう1人見えると言う子がいた。その子をEとする。

その子も一瞬止まったが、すぐに持ち直しお札とか貼ってあったらウケるよね~なんて言い出した。

…ありましたよ。

お決まり通り、掛け軸の裏と箪笥の内側に。

他の皆どん引きだよね(汗)

さすがの私達2人もびっくり。まさか本当にあるとは思ってなかった。

それでも馴れてきて(?)落ち着いてきた矢先、他室の子が泣きながら駆け込んできた。

その子っていうのが普段泣いたりしない割と強気な子。悪系的な子だった。

その子が言うには、とにかく怖い。雰囲気がおかしい。部屋にいられないとの事。

泣きながらマジ顔で先生に部屋を変えてと訴えていた(結局変えてはもらえなかった)。

そんな事があったせいかイマイチ気分が盛り上がらず黙々と過ごしていた。

そして夜になった。

布団の位置はこんな感じ。

*******

┏──窓──┓

┃──障──┃

┃  〇  〇  ┃

┃  ◎  〇  ┃

┃  〇  ●  ┃

┗扉━押入れ┛

*→木

障→障子

〇→友達

◎→見える子

●→自分

夜更かしもしないで寝た修学旅行の夜なんて初めてだった。そんなの出来る雰囲気じゃなかったしね。

でも私は実際何も起きなかった。途中までは。

夜中近くになった。ぐっすり寝てたんだけど突然目が覚めた。なぜかはすぐわかった。

皆起きてた。窓側の2人が怖い怖いって言ってた。

すると突然、バンッって音がした。どこからかはわからない。

でもその後いろんな所からパンッバンッパンパンッドンって聞こえてきた。

窓の方から段々内側でも鳴るようになってついに部屋中から聞こえるようになった。

もちろん障子の中からも聞こえたけどそこまで怖くはなかった。そんなに怖い? って思った。

だから場所替えした。私が窓側の布団に寝ることになったの。

そしたらすごい怖いの。窓に背を向けてたんだけど後ろからブワァって何かがくる感じ。音は鳴り続いてる。

そしたら友達の1人が障子を開けようって言うの。冗談じゃないって思ったけどその子開けようとしたのね。

するとキャァッって叫んで布団に潜り込むの。

どうしたの? って聞いたらその子泣きながら障子の向こうに誰かいたって。

障子の向こうから手がぐぅってしてたって。障子を押してたって。

部屋が騒がしくて様子が変だって思ったのか先生が来た。

先生を見てありがたく思ったのも初めてだった。皆半泣きで助けてって言った。

仕方ないって事で皆が落ち着くまで先生がいるって事になった。

先生がいたお陰で落ち着いたのか皆は寝始めた。

私は寝れなかった。まだ後ろからおかしな感じがしてたし何かの気配もしてたから。

先生は10分くらいしたらいなくなった。私だけが起きてた。

したらまた鳴り始めたの。パンッパンパンッって。

気配は近づいてきた。もう駄目だって思った。

気付いたら朝だった。

気を失ったのか寝てしまったのかはわからない。

朝、障子を見たら手形がうっすら残っていた。

そして窓の外側には無数の手形がついていた。

ホテルを出た後、この話題でみんなはもちきりだった。

あの夜、部屋の雰囲気が悪いと怖がっていた人達は私達の他にも何組かあったらしい。

私達の部屋は5、6階だったはずで下までかなりの距離があった。

はしごも何もなかったので手形なんてつけようがないはずだった。

子供の手形もあった。

一体誰がつけたのだろう?

そしてあのホテルには何があるのだろう?

そんなことがあったせいかそれとも何か知っていたのかカメラマンさんはそのホテルで一枚も写真を撮っていない。

何があったのか今の私には知る術もないし知りたくもないが修学旅行でT湖畔にあるホテルに泊まるときはそれなりに覚悟がいるかもしれない。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
22500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ