中編2
  • 表示切替
  • 使い方

夜中の工場

僕が5年前に体験した実話です。

17の夏の夜。時計は深夜12時を過ぎていた。

当時僕は仲間とバイクをニケツしていた。

バイクを運転していた僕は半メットに当たるものを感じた。突然の雨。

雨に濡れたくないため、近くのレンタルショップで雨宿りをしようとバイクを走らせた。

雨に打たれた服はびしょ濡れだ。文句を言いながら仲間と話していた。

目の前には自動販売機があり、その灯りの前に、虫がウジャウジャと集まっていた。

だいの虫嫌いな僕は仲間に場所替えを提案し、近くの工場で雨宿りする事にした。

工場に着いた。そこの工場の外は真っ暗で、窓が何枚もあり、窓は日中なら中が見える透明のガラス。そこの窓から射す、非常口の看板の光や、自販機の光で薄気味悪さをかもし出していた。

今思えば、あんな薄気味悪い所に居たんだと思うくらいだ。

また服が濡れたと仲間に文句を言われながら、他愛もない話で盛り上がった。

一時間くらい経っただろうか。

突然仲間が場を冷めさせるような一言。

「ていうか、さっきから窓から俺らのこと見てる人いねぇ?」そう言った。

んなわけがない。

先ほどもいったが真っ暗だし、夜勤があるような工場ではないので、人なんかいたら不気味だ。

僕があたりの窓を見渡し、「いねぇべぇ?」といった。

するとすぐさま仲間が、「そっからじゃ柱があって見えねんだって!俺がいるとこから見てみ?」仲間に従い場所を変え、またあたりの窓を見た。すると、その位置から遠い窓に白服の髪が少し長めの、恐らく女の人がこちらを見ていた。

曖昧なのは暗さのせいだ。

でも確かに人がいるのは確認できる。

そこで普通ビックリものだが、妙な違和感を感じた。

そこの窓は、高さも恐らく自分の腰くらいの位置だと思われるが、どうも、立ってるにしては低いし、何かに座ってるにしても高すぎる位置に居た。

とにもかくにも、気味が悪いので早々に腰を上げ逃げ帰った。

その後、別の仲間に、こういうことがあったんだと、話した。

するとそいつが

「昔その工場でプレス機に足が挟まれて死んだ人が居るらしいよ」

ベタな理由だが、なら僕のみた人の説明はつく。

僕はもうあそこには行きたくない…

一時間余りも幽霊か何かに見られたと思うと寒気が止まらない。

今あなたは誰かに見られてはいませんか…?

長文失礼しました。

これはホントに実話なのでオチがベタですがご了承下さい。

怖い話投稿:ホラーテラー がじゃいもさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
43900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ