短編2
  • 表示切替
  • 使い方

2010425

…2010/4/25…

2:14…携帯着信

用件→店の片付けの手伝いを頼まれる。

店まで徒歩20分。

眠気覚ましで缶コーヒー片手に店へ向かう。

駅前を通る。

深夜で誰も歩いていない。

いつも人で賑わっている駅の構内も扉の鍵を施錠して営業を終了していた。

営業終了で無人だが…キーン…コーン…という音はどうやら、24時間のようだ。

扉の面は透明なので素通りしながら無意識に視線を構内へ。

ほとんど真っ暗だが非常用の、緑の蛍光灯から薄暗く床と柱が見える程度だ。

そんな光景のなかに一瞬だが何かが動いた。

…キーン…コーン…

目を凝らす。

薄暗い闇の中で円柱の陰から真っ黒の片腕だけをだして、こっちに向かって手を大きく振っている。

だがよく見えない。

近づく。

…キーン…コーン…

するとこちらへ来てくれと訴えるようなジェスチャーで小刻みに手を振りだす。

頭で考える前にとっさに体が反応しドアを開けようとしたが当然開かない。

ここでようやく考える。

主にわからないのは何故、柱から姿を見せないのか…

薄暗いとはいえ若干の灯りが照らしていながら、腕から手が真っ黒に見えるものなのか?…

…キーン…コーン…

冷静に我に返る。

暗いと錯覚を起こしやすい。

もうくだらない事は考えずに店へ行くことにした。

視線を外に向けた。

バン!!バンバンバンバンバン!!!!

俺の目の前にある扉が突然勢いよく叩かれた。

ウォオおー!!!

驚いて真夜中にもかかわらず叫んだ。

…ウああああ!!!

再び大声で叫び、全速で走って逃げた。

だってさ…

赤黒い首だけが蛸の吸盤みたいに、縦横びっしり張りついてたんだもん。

とろ~んとした目をしてさ。

真っすぐしてた目玉が急に右目が上、左目が下とありえない動きで向くんだ。

あまりに間近で見たから、何故かその動きに夢中になっちゃって…

目が離せなくなって

金縛りかな…

…キーン…コーン…

体が動けなくなって

脳みそが溶けるような感覚に発狂しそうだった。

後ろを偶然通った車が大きなクラクションの音を鳴らした。

その音に金縛りが解けて我に返った。

…キーン…コーン…

まじヤバかった……

怖い話投稿:ホラーテラー C-4さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ