短編2
  • 表示切替
  • 使い方

おばぁの家

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

こんにちわ\(∀)/

あんま怖くなLlと、

思Llます(・ω・)←

これわ実話です

あッ!私わ沖縄出身

です(ノ)^ω^(ヾ)

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

あの日わ雨ガ降ッて

寒Ll日でした。私わ

おばぁちゃんの家に

泊まリに来てLlて、

その日わ夜の12時

くらLlでしょうカ、

もう寝てLlました。

私わおばぁちゃんと

違う部屋で寝ました

。夜中の1時くらLl

でしょうカ、物音で

目が覚めました…。

おばぁちゃんと思Ll

また寝ようとしたの

ですガ次わ雨の音で

寝付けなくなリ、

正直焦ッてました

すると急にトイレ

ガしたくなリまして

長Ll長Ll廊下を1人

携帯を電灯代わリに

歩Llてました。

歩Llて行くうちに、

何カ視線を感じて、

後ろを振リ向くと、

何もLlません。。。

「あれッ何」

と、1人でめッちゃ

焦ッてました(ω)

トイレで用をたし

またまた廊下を1人

歩LlてLlました

するとまたまた何カ

視線を感じるのです

後ろカらでわ無く、

真横の部屋カら…。

正直怖くて怖くて

でも何故カ視線の、

正体を知リたくなリ

部屋を開けることに

しました(´・ω・`)

キィー…キィー…と

音と共にドアわ開き

その部屋わ、ずッと

使われてLlなカッた

せLlでしょうカね、

カビの匂Llと共に、

虫ガ逃げる音ガ鼻と

耳を襲Llました

恐る恐る部屋の中に

入ると大きな全身鏡

ガあリました…。

その鏡に映るのわ、

携帯を持ッた私……

それとこちらを睨む

無数の目………。。

「ぁ、ぁ、きゃー」

朝、私わ、部屋で、

おばぁちゃんの側で

目を覚ましました。

昨日の夜中の事を、

おばぁちゃんに話す

と、おばぁちゃんわ

驚きなガらも私に、

話してくれました。

「あれわねあの目わ

おばぁちゃんの、、

お母さんカら貰ッた

鏡なんだよ………。

でもあの鏡わ呪われ

てLlてね…何度も、

割ッたけども必ず、

戻ッてくるんだよ…

だカらあの部屋に、

置Llてあるんだよ…

でも変だねぇ~??

視線を感じたッて?

部屋わ閉めてたのに

視線を?変なの?」

と言ッたと共に私わ

見ました………。。

おばぁちゃんの後ろ

に昨日の目と同じく

無数の目を………)

怖い話投稿:ホラーテラー ギャルさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ