中編2
  • 表示切替
  • 使い方

ホームラン

つまらないと思うので覚悟して読んで下さい。

俺は少年野球チームの監督を勤めている。でも49日後で俺は監督をやめる。49日後は俺の退任試合だ。

俺には息子がいる。試合の日で12歳になるな。

「父さんの最後の試合はバースデーアーチ打てるといいなー」

と言いながら素振りに励んでいる。

自慢じゃ無いが、俺の息子は4番だ。今まで打ったホームランは数知れず…

でも、バースデーアーチの夢は叶わなかった…今日の夕方。練習の帰りに事故に巻き込まれて、死んでしまった。

葬式の日、俺は息子と約束した。

「俺の退任試合でもあり、お前の追悼試合でもある試合には、絶対に勝つ!」と。

試合当日、妻も見守る中、試合は始まった。

他の奴は気付いて無いが、俺は気付いていた。あいつがベンチの奥にいる!試合には出れないけど、チームを思う気持ちは変わらないようだ。

試合は初回に3点をリードされ、そのまま最終回となった。最終回ツーアウトランナー満塁、バッターは新しい4番。ツースリーからだった。

「カキ~ン」

バットからは快音が響き、ボールはセンター方向へグングン伸びる。…しかしあと一歩届かず、大きなセンターフライに終わった。

…負けた。約束を守れなかった。

その時ベンチから、

「ドンマイドンマイ惜しかったよ」

と大きな声が聞こえた。

皆一瞬驚いたあと、一斉に大声を張り上げて泣いた。

選手が皆帰ったあと、俺はベンチで一人で泣いていた。監督として選手との約束を、また父として子との約束を果たせなかったことが、悔しくて涙が止まらなかった。

その時声がした。

「お父さん。仕方が無いよ。相手が強すぎた。」

俺が何も言えずにいると、また息子が声をかける。

「お父さん。お願いがあるんだ」

俺は驚いた。滅多に俺に願ってこないあいつが俺に願って来たからだ。

「願いってなんだ」

「俺と、三球勝負してくれ」

やはり打席に立ちたかったのだろう。俺はすぐに了承した。

少年野球では、例えどんなに実力差があっても、全力勝負をしなくてはならない。それが礼儀だ。

一球目も二球目もこんしんのストレートで勝負した。二球とも空振りだ。そして三球目、同じ球を投げた、が…

「カキ~ン」

完璧に捕らえられた。打球はグングン伸び、そのフェンスを超えた。でも清々しい気持ちだった。…お互いに。

息子はダイヤモンドを一周したあと、俺に

「有り難う。最高のバースデーアーチが打てたよ」

と言い、次の瞬間消えた。

グラウンドにはバットとヘルメットだけが落ちていた。

「あいつは、無事成仏出来たんだ。きっと天国でも活躍してくれるだろう」

と思い、俺は球場を後にし、あいつの墓にホームランボールを供えて帰った。

怖い話投稿:ホラーテラー 初コメハンターさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ