短編1
  • 表示切替
  • 使い方

祖父と兎

心霊系の話ではありません。

文才もありません。暇な人は読んで下さい。

私の祖父は現在他界して居ませんが祖父が生きていた時の話です。

私が小学校低学年だったと思います。

祖父は夏になると吾妻(群馬の北部)と言う群馬県にある田舎に祖父の実家があり、

そこへ夏の間生活して夏が終わると又、同居生活をする為に私達の住む家(群馬南部)に戻って来るのです。

その時は、

私の家で兎を一羽飼っていました。

白く大きな兎で、

とても太っていたのを覚えています。

(二重アゴになってた)

その年の夏も祖父は吾妻へ行きました。

只、いつもと違ったのは兎も一緒に連れて行ったのです。

祖父と兎が吾妻へ行ってからしばらくして、

家族揃って皆で祖父に会いに行く事になりました。

吾妻に着いて祖父の家にあがり、

しばらく話をしていて、ふと祖父の座布団が目に入りました。

白くてフワフワの毛が…。

間違いなく、

ソレはあの兎です。

綺麗に毛皮になって祖父のお尻に敷かれて居ました。

皆気付いていたのですが、誰も祖父に兎の事を聞けませんでした。

当時の私は目が釘付け…。

兎は死んでしまって祖父に毛皮にされたのか。

もしくは、あまり考えたくは無いですが…。

あんまり怖くなくてすいません

ここまで読んでくれた方、

ありがとうございましたm(_ _)m

怖い話投稿:ホラーテラー くるぶし太郎さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ