短編2
  • 表示切替
  • 使い方

動物実験

ある動物実験。

指を自在に動かせるのは、脳がそれぞれの指を別々のものとして認識しているかららしい。

では脳が、指が五本で一つの物だと認識したら?

ある動物実験で、その動物に何度も地面を叩く動作をさせる。

中途半端な数ではない。

ほとんど休みなく、三日中行う。

するとその動物は、指を別々に使う動作ができなくなってしまったのだ。

体中が痛む。

息をするたび血の匂いがするのは、口の中が切れているからだろう。

俺は捕虜として捕まり、今は敵軍の収容地にいる。

仲間のうちの何人かと出会ったかが、彼らの末路は皆悲惨なものだった。

血液を一つ残らず抜き取られた者。

全身を凍傷のような状態にされたもの。

病原菌を体内に入れられ、のたうちまわりながら死んだ者。

それらはすべて、敵国の人間が、実験のために行ったことだった。

俺はどうなるだろう。

彼ら同様無残な死を遂げるのだろうか。

「××、中へ入れ」

その声に従い、扉を開け、奥へ進んだ。

そこにはパイプ椅子と、少し大きめのテーブルがあった。

「今からこのテーブルを三日間、叩き続けるんだ。

休憩は一日五回。

食事は他のものに運ばせる。

排泄は・・・そこにしろ」

まるで拷問だ。

テーブルを叩く力をどう加減しても、ひりひりと手の平が痛む。

そしてだんだん感覚が鈍ってきた。

おかしな感じだ。

手を開いたり、握ることはできるが、それ以外の動作は一切できない。

まるで赤ん坊の手だ。

だが続けなければならない。

それが指示なのだから。

俺は何度もテーブルを叩く。

何度も、何度も。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1850
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ