中編3
  • 表示切替
  • 使い方

振り向いてはいけない

その日、友達三人と一緒に旅行に行った帰りでした。

とある山の中、午後6時をまわり、辺りが薄暗くなっていました。

その時の事です。

急に右前から変な音がなりました。

タイヤがパンクしてしまったのです。

「どこか、寝れる場所、ないかな?」としおり。

私は、「だめだよ!車の中で寝ようよ。

」私は、小さいころから霊感があり、良からぬ前触れをよく感じ取ってました。

しかしみんなは、「車じゃ、4人は寝れないだろう。

」と実。

そのうえ雄也も「小屋あるんじゃね?」その言葉で、3人は小屋を捜し始めました。

私は、感じていました。

何ともいえない嫌な気分を・・・。

10分後、ぼろぼろな小屋を見つけました。

穴が10個ほど開いているものの、1日寝ることぐらいはできるかんじの小屋でした。

たまたま持ってきていたお菓子やジュ-スがあり、それを夕食にしました。

食べ終わると雄也は「おい。

ちょっと怖い話しようぜ。

」と言った。

私は、「ちょっと、こんな所そんなのよそうよぉ。

」でも、「え-!!まさか優奈、怖いの?」「度胸ねえなあ。

」私はしょうがなく聞くことにしました。

話の最後に実が言いました。

「絶対、呼ばれても振り返るなよ!!」その言葉は私の頭にずっと残っていました。

午後10時をまわり皆寝てしまいました。

でも、どうしても私は寝れず、上半身を上げた時でした。

「!!!!!!」その時私はあるものを見てしまったのです。

開いた穴から、小さい少女がこっちをじ-っと見ているのです。

あまりの恐怖に隣に寝てたしおりを起こしました。

「し・・・しおり・・・。

」「んも-!なに-?」「あの穴から女の子、こっち見てる・・・」しおりは穴を見ました。

「何にも居ないじゃん。

も-。

おこさないでよ!」しかし、私は穴から少女に見つめられてるのです。

ふいに女の子が手招きしました。

すると、自然に体が動くのです。

私は行ったら何かが起こってしまう、いっちゃだめだと思っても体が動いてしまうのです。

ドアを開け少女が覗いてた穴がある小屋の裏側へ行ったのですが、少女はいませんでした。

私は、ホッとしたのですが、が、次の瞬間、後ろに誰かが居るのです。

「誰・・・?」「・・・おねえちゃん」小さい女の子の声でした。

振り向きかけたその時、”ふりかえるな”実の言葉がふと蘇りました。

振りかえらないでいると「どうして見てくれないの?」私は黙っていました。

「じゃあ、振り向かせてあげる。

」その言葉と同時に首が動きはじめたのです。

「いやだ・・・絶対むくもんか!!」叫んでも首は動いていきます。

ついに振り返ってしまいました。

そこで見たのは無惨な骸骨が何体もあったのです。

その上に少女が浮いていました。

少女の髪はみるみる伸びて、伸びた髪の中からものすごい形相で目は私を睨みつけていました。

「お姉ちゃんじゃない・・・」「えっ」ふいに私は殺気を感じたのです。

私は逃げました。

ところが、私は走っているのに少女は歩きながら追ってくるのです。

ついに女の子においつめられてしまいもうなすすべもなくなった、その時です。

「おい!お前、優奈になにしてるんだよ!」しおりと実、雄也が来てくれたのです。

女の子はすぅ-と消えました。

「皆・・・」「優奈がいなくて探してたんだ。

」「ねえ、優奈。

さっきの子って・・・」「多分幽霊だと思う。

ねえ、ここから速くでよ?」4人は携帯電話の繋がるポイントを見つけ、レッカ-車を呼びました。

それからのこと、私の霊感はなくなりました。

でもあの時、もしも自分で振り向いてたら・・・と思うとゾッとします。

後で分かった事なのですが、その山は心霊スポットとして有名だったのです。

皆さんも自分では振り返らないでください。

怖い話投稿:ホラーテラー 鈴木優奈 (仮名)さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
56000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ