短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ク○の話

漫画なんかでよく、天井からク○がつつーと目の前に降りてきて「ひゃ~」てなるやつ、実際体験した事ある方そんなにいないと思うんですが、今日は私が体験した話をひとつ。

私がまだ学生の頃、近所に《出る》と評判の空き家が在りまして(過去にバラバラ死体が発見されたらしい)、其処に友人達と肝試しに行ったんですよ。

外観はまあ普通の家なんですが、中は荒れ放題。

生活用品なんかも残っていて妙に生々しく感じましたね。

元々臆病者の私は友人達の一番後ろを着いて行きました。

と、背後に気配を感じ恐る恐る振り返ると、天井の梁から大きなク○が目の前にぶら~ん。

余りのショックに声も出ませんでしたよ。

皆さん、たかがク○でって思うかも知れませんが、大分何時も見るそれとは違うモノだったんですね。

ク○の糸って普通お尻から出るでしょ。頭の方から出てるんです。しかも髪の毛みたいのが束になって。

お尻の方は千切れたようになっていまして、何か管のような物がぶら下がっているし。

あと、ク○の独特の長い足、一本も有りません。

極めつけはその模様。まるで老婆が苦悶しているような…

模様がにやっと笑ったように見えたところで、私情けない事に気を失っちゃいましてね。気づいた時にはもう外に連れ出されてました。

何があったのか問い詰められましたが、言えませんよね。たかがク○でビビったなんて。

いや、それだけの話です。ク○の話ね。ク○の。

怖い話投稿:ホラーテラー ジ○ウさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ