中編3
  • 表示切替
  • 使い方

ナナシコピペ7

陽の当たる時間が短くなってきた頃の、ある日の夕暮れ。

僕はその日、掃除当番で教室に残っていた。同じ掃除当番だったクラスメイトの女の子はゴミを置きに出ていて、僕はひたすらチリ取りを動かしていた。

そんなとき、

「よお。」

と聞きなれた声がドアの方角から聞こえてきた。振り向かずともわかっていたが、そこにはナナシが立っていた。いつものヘラヘラした薄笑いを浮かべ、買ったばかりだというショルダーバックを振り回しながら彼はそこにいた。

「なんだ、待っててくれたんだ」

とっくに帰ったと思っていたので、予期せぬ親友の登場に僕は嬉しくなり掃除のことはすっかり忘れてナナシに駆け寄った。

「これから時間あんだろ。行こう」

どこへ行くかも告げず、ナナシはニッコリ笑って踵を返した。さすがにゴミだしに行ってるクラスメイトに何も言わず勝手に帰るのは気が引けたので、黒板に先に帰る旨を書き残し、僕はナナシのあとを追った。まだ六時になったばかりだというのに窓の向こうはほぼ真っ暗で、電気がついているとはいえ薄暗い廊下を歩いていくナナシが、なんだか闇に溶けていなくなってしまうような妙な感覚に襲われ、僕はすこし速く歩いてとなりの並んだ。今思うとそれはあながち間違っていない、虫の知らせというやつだったのかもしれない。

そんなことを知ってるのか知らないのか、ナナシは厭味なニンマリ顔で笑うと、

「怖がり」

と僕に言った。聞こえないふりをして校舎を出ると、ナナシはいつもの帰り道とは反対の方向へ歩き出した。

「どこ行くの」

「うん?おもろいとこ」

親友のはぐらかすような物言いには慣れていたので、それ以上なにも言わず後に続いた。

ついた場所は、栄生駅のすぐ近くにある何の変哲も無いマンションの前だった。夏に行ったアパートのように無人ではなく、玄関には明かりもついているし自転車もいくつか止められている。

「こんなとこに何しに来たんだよ」

僕が問うと、ナナシはヘラっと笑い、

「ここな、『首括りの家』って呼ばれてるんだと。横溝正史もびっくりだぞ?この半年で四人だってさ」

何が面白いのかナナシはクックと嫌な笑い声を上げた。第一、どこからそんな情報を仕入れてくるのか。僕には疑問でしかなかったが、それを問い掛ける勇気はなかった。

ていうか、なにが面白いところなのか。いわゆる自殺の名所的な場所にきたわけだ。これまでのことを考えれば、「なにか」あるに決まってるそして、それを正直に言えば僕がビビッて帰るだろうということも、この親友はわかっていたのだろう。だからあんなあいまいな言い方でごまかして、僕を連れ出したんだな、と僕は思った。

しかし、そう短くない付き合いの中で僕も、そういう「なにか」が少し楽しくなっていた。

もちろん怖い、がナナシと共有するこの時間は、なんとなく好きだった。

ナナシはそんなことを考えてる僕にはお構いなしでマンションに入っていく。そして薄明かりのついた玄関を見回すと、エレベーターではなく階段の入り口に立った。

ドアノブを回すと、錆びているのか「ぎぎぎ」と音がした。ドアの向こうには当然ながら階段が続いていた。電気はついてないらしく、しかし所々に設置された丸い窓から月の光と周りの店の看板のネオンが入っていて、薄暗くはあったが視界はそこまでわるくなかった。

「四階で二人、屋上でひとり、管理室でひとり、首吊ったんだってさ」

ナナシは楽しそうに言った。そして、まずは四階にいこう、と言い出し階段を上りはじめた。

僕はため息をついて、しかしやはり怖いのでナナシのショルダーの端をつかみながら階段を上った。

一、二、三、とフロアを通り過ぎて、「4」と書かれたドアの前に僕らは立った。ナナシがノブを回すと、また「ぎぎぎ」と音した。

怖い話投稿:ホラーテラー アロエさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ