短編1
  • 表示切替
  • 使い方

深夜、俺は明日の試験に向けて勉強していた。

しかし睡魔によって、思うように進まない。

気分転換も兼ねて、眠気覚ましに顔を洗うことにした。

冷たい水が頬を伝い、意識が冴えわたる。

そして顔を上げると。

鏡に映っているのは、俺の肩越しで笑うその女だった。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ