中編3
  • 表示切替
  • 使い方

りんちゃん

これは、私が小学校6年生のときの話です。

私は2人、親友がいました。

幼稚園に入る前からずっと一緒で、私の学校は生徒数が少ないため、クラス替えはなく、ずっと一緒でした。

私はかんちゃんと呼ばれていて、あとの二人は、りんちゃんと、さあちゃんでした。

でも、小6のとき、りんちゃんが沖縄へ家族旅行へ行った帰りに事故に巻き込まれ亡くなりました。

さあちゃんと私はずっと泣きました。

お通夜の夜、私とさあちゃんはりんちゃんのお母さんに、りんちゃんの部屋へと案内されました。

そして、りんちゃんのお母さんは、「貴方達なら、凛の好きなものがわかるでしょう?りんが天国へ行く前に、凛の宝物を持たせてやりたいの。」と、りんちゃんのお母さんは泣きながら私たちに言ったんです。

私とさあちゃんは、りんちゃんの部屋のすみずみを見たりだしたりしました。

そしてりんちゃんのマンガ棚のうらに、一枚の写真があったんです。

其の写真には、りんちゃんの家族が写っていました。

私たちはそれをりんちゃんのお母さんに渡して、家へと帰りました。

その夜、私は泣き疲れてたのもあり、すぐに眠りました。

しばらくして、息が苦しくなって、起きたんです。

すると、ベッドの隣には、血まみれのりんちゃんがいるんです。

りんちゃんはこっちを見て何かを言っていました。

私は恐怖で体が動かず、りんちゃんと目があったまま数秒が過ぎていきました。

すると、りんちゃんは、

一枚の写真を残して消えたんです。

私はそのまま気を失いました。

翌朝、ベッドの下をみると、やはり写真が落ちているのです。

メモと一緒に。

私はそれを拾い、みてみました。

そこには、私とりんちゃんとさあちゃんが、3人で写っている写真がありました。

幸せそうな顔をしたりんちゃんはこっちをむいてピースしています。

私は写真に涙をこぼし、もう一枚のメモをみました。

そこには、カラーマーカーでしょうか、ピンク色のペンで『私の宝物』とあったんです。

このことはすぐさあちゃんに伝えました。

さあちゃんも夕べ、りんちゃんをみたそうなんです。

私たちはまた、りんちゃんの家へと行きました。

りんちゃんのお母さんは泣きながら、「ありがとう」といいました。

そして、りんちゃんの棺おけに写真を入れて、私たちはお別れをしました。

「元気でね、りんちゃん。」

りんちゃんの火葬が終わり、私たちはりんちゃんの部屋に行き、部屋の窓ガラスに息を吹きかけ、文字を書きました。

私たちはいつまでも親友だよ。

かんな・さやか

と。

あれから、もう何年たつでしょう。

かれこれ10年は経ちました。

私とさあちゃんの関係はいまだ続いており、あの日はちょうどりんちゃんの命日だったので、2人でりんちゃんのお宅へと行きました。

りんちゃんのご両親は私たちを、仏壇より先に行ってほしいところがあると言うのです。

そしてりんちゃんのご両親に案内されたのは、あの日のままのりんちゃんの部屋でした。

埃が充満していました。

そして、窓ガラスの前へと私たちを連れて行きました。

そのガラスには今だにあの日書いたメッセージが残っていました。

その下に、小さな手形がありました。

おそらく、りんちゃんのものでしょう。

私たちはその手形をしばらくの間、みつめていました。

そして、りんちゃんの仏壇に手を合わせて帰ろうとしました。

さあちゃんが運転する車にのり、りんちゃんの家を見上げました。

そしてそこからみえるりんちゃんの部屋に誰かがいるんです。

誰かが手を振っているんです。

でも、玄関にはりんちゃんのご両親と弟さんがいるんです。

あれは、りんちゃんなんだろう、と思いました。

だから私も手をふりました。

りんちゃんは今も、あの部屋にいるのでしょうか、

それならばまた、りんちゃんの家へ遊びに行きたいです。

         

怖い話投稿:ホラーテラー かんなさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
54000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ