短編1
  • 表示切替
  • 使い方

足が・・・

初めての投稿です。誤字などが、ありましたらすいません。適当に見てくださいな。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

私の家系が、元々憑き物落としの家系であったので、昔から幽霊を見ることが普通だった。

そんな私が、小学三年生の時に体験した話。

その日は、学校が終わってから塾があり帰りが、8時を回っていた。

塾から私の家までは、片道40分かかる。

その日は、いつも見たかったアニメがスペシャルで、やっていたこともあり学校では、あまり通るなと言われている近道を通って帰ることにした。

そこは、街灯が少なく細い路地でここを通ると家まで15分位短縮出来る。

私は、走れば大丈夫だろうと路地に入った。

入って少ししたら、街灯のところに緑の軍服を着た人が立っていた。

その頃の私は、幽霊と人の区別がつかないことあって、なんだろうと思ってその軍人?さんを見た。

そうすると、その軍人?さんには足が無い事に気付いた。

私はその軍人?さんに、「なんで足が無いの?」と聞いた。

軍人?さんは、「足なんて飾りです!!偉い人には、それがわからんのです!!」

と答えたので、

私は・・・・

「ジオ○グか!」

とつっこんで、家まで走って帰った。

怖い話投稿:ホラーテラー 振動さんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ