中編5
  • 表示切替
  • 使い方

怖いのはソイツじゃない

まず前置き。

中学生っていうのはさ、ある意味高校生より自由だけど、悩みは高校生より多かったりするよな。

心の発育もまだまだ途中だし、善悪判断がつくかも微妙な奴らも多いから、中学生のDQNは高校生のDQNよりタチが悪かったりするもんだよ。

で、中学生のイジメの問題なんだけど、最悪の状況が想像できにくい分、思わぬ事態に発展する事もあるんだよな。

まあ当然、俺が通ってた中学でもイジメはあったんだ。

今思えば傍観してただけの自分に後悔してるよ。

傍観者と加害者が同罪だといわれても仕方ないよな。

それで話を戻すけど、イジメの被害を受けてたのは2年生のMって子でさ、小学生がそのまま中学に上がってきたみたいな子だったんだよ。

学生カバンになんかのアニメ(たしか魔法陣グルグル)のキーホルダーを下げてて、別にオシャレとかにはまったく興味なさそうだった。

この子なんだけど、喋るとよく噛むのな。

どもるっていうか、うまく喋れないんだよ。しかもよく聞き取れないくらい声が小さくて、授業中に先生に「3ページ目からM読んでくれ」とか言われてしまうと授業が止まるんだよ。

完全に硬直するのね。Mがさ。

まあ、悪い子じゃないんだよ。

本人に悪気があるわけじゃないしな。

ただ、ちょっと「痛い」なーって思うところはあった。

休日とかたまに本屋でみかけるんだけど、昔さ、アニメヒーローなりきりコスチュームとかあったろ?

子供用のコスプレって感じのヤツな。

あれを着てるんだよね。凄く小柄な子だったから着られてたと思うんだけど、ちゃんとしたコスプレじゃなくてなりきりコスチュームを着て本屋にいるんだよ。

大体見かける時はソレを着てるかサンリオ系のジャージの2択だったな。

そんな私生活の目撃情報もあってか(俺以外も目撃してた)喋ると噛むところを突っ込まれたのか、Mは見事にイジメのターゲットになってしまったんだ。

そんなMをイジメてたのは金髪でチョイポチャの昔のヤマンバみたいな感じのUと、茶髪のギャルみたいなAの2人組だったんだ。

この2人は親友らしくていつも一緒にいたな。

廊下に2人で撮ったプリクラが沢山貼ってあったんだけど「ウチら一生マブダチ!」とか書いてあってかなり仲が良かったんだよ。

学校休んでる時は2人一緒だったしな。

多分2人で学校サボって遊んだりしてたんじゃないかな。

通学する時も一緒だった。

中学生なのに通学路の途中まで原チャリ2人乗りで来てたりして結構無茶やってたみたいなんだよ。

Mへの毎日のカツアゲは当たり前でさ。

Mを呼び出してタバコで根性焼きとかも頻繁にやってたみたいだった。

授業中もとにかくイジる。

「声が小さすぎて聞こえねーんだよ!」

「それ何語??まじありえなくね?」

みたいな感じでMのせいにして授業妨害とかやってたんだ。

そういう子供っぽいイジメもしつつも、

Mの学生カバンを使用した後の便器に突っ込んだりしてたらしい。

ノート、教科書はズタズタに。

体操服、水着も糞尿まみれにしてトイレに放置してたみたいだった。

そんなMへのイジメが半年くらいは続いたんだよ。

俺はけっしてDQNではなかったけど、タバコ吸ったりとかはしてたんだ。

それで放課後、一服でもして帰るかって事でトイレに向かったんだけど、

2年の男子トイレは関り合いたくない男子DQN達に既に占領されてたんだ。

マジかよクソって事で隣の女子トイレの一番奥の個室で一服することにしたんだ。

放課後だし、別に関係ないだろって思ってね(関係なくはないがw)

そしたら誰か入ってきたんだ。

うわ!ヤベ!って焦ってたらUとAの声だと気付いたんだ。

こいつ等もタバコ吸いに来たのかなって思ったらまさしくその通りだったんだ。

2分くらいたった頃かな、誰か1人増えたみたいだった。

でも増えた奴の声は聞こえない。

ちょっと怪しい空気が流れたんだ。

すると多分Uの方が

「は?オマエ何しに来てんの?」

って言ったんだ。

ただ、次の瞬間「ゴス!」って鈍い音が聞こえたんだよ。

多分Aがわー!とかあー!とか言ってるんだ。

何事だよ!?ビビらせんなよな!って思って個室の扉を開けたんだ。

Mがいたんだ。

UはMの目の前でグッタリなってる。

Mは技術の授業で使う金属加工用のハンマーを持ってたんだよ。

それでどうやらUのコメカミあたりを殴ったようだった。

Uは動いてない。

Aは茫然自失な感じで口をパクパクさせている。

これヤベーだろ!Mをこれ以上暴れさせたらマズイ!ってちょっと正義感みたいなものがでてさ、Mを取り押さえようとした時俺の体が固まったんだ。

目をものすごく見開いて笑ってるMがそこにいるんだよ。矯正器具つきの歯をむき出しにしてさ。

体が全然動かねーの。

多分Aも同じなのかなって思ってたら

小柄で華奢なMがグッタリになったUを抱えて、トイレの窓から下に突き落としたんだ。

ちなみに2年のトイレは三階にあるんだけど、そこから下の職員駐車場まで頭からUが落ちて行ったんだ。

頭蓋骨グチャグチャで中身が完全に出てんだよ。

気が付いたらMは駆け付けた体育教師に取り押さえられて、トイレの周りは部活とかで残ってた生徒でいっぱいになってたんだ。

ただ、新人の美術の教師が「警察が先ですかね?救急ですかね!?」とか言って半泣きでテンパってた。

生徒たちも「ありえねー」とか「マジで死んだの?」とかそんな感じの言葉を周りでザワザワ言ってる。

ザワザワみんなでやってたら、Aが突然声にならない叫びを上げてトイレを出て行ったんだ。

親友が目の前で死んだんだ・・・そりゃ相当ショックだろーな。たとえオマエが加害者でも・・・とか考えてたら

グチャグチャになったUの所にいるんだよ。

さすがに皆は頭部がグチャグチャの死体を間近で見たくないんだろうな。

Uの側にはAしかいない。

Uの所までたどり着いたAはとんでもないことを始めたんだ。

「もう大丈夫だからね!アタシがいるからね!」

そう言って、頭部から弾け飛んだ中身を必死にかき集めて、元に戻そうとしているAがいた。

無理やりに頭の中にグチャグチャと中身を詰めていく。

とても直視できるものではなかったよ。

トイレだったから、すぐに嘔吐したよ。

ただ、Aの奇行はこれだけでは終わらなかったんだ。

確実に死んでいるのが分かるUを肩を組んで抱え、校舎の中へと戻ろうとしている。

Uは眼球が半分飛び出し、顔の穴という穴から出血している。

「大丈夫、絶対アタシが治すから!」

Aはずっとそう言っている。

そのままAとUは校舎に戻った。

皆焦りだして、先生達もAを探そうと下に降りて行ったんだ。(Mは相変わらず体育教師が取り押さえている)

すると階段の方から

「先生!!Uは治るよね!絶対治るよね!」

と言っているAの声と

新人美術教師の泣き声と他の先生たちの怒鳴り声が聞こえてきたんだよ。

俺は、しばらくその場所から動けないでいた。

惨劇が起きた場所なのに体が言う事を聞かないんだ。

その後はしばらく学校閉鎖、全校生徒がカウンセリングを受けることになったんだ。

そういえばUの葬式にはAはいなかったな。

怖い話投稿:ホラーテラー クラッチさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
45000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ